平手友梨奈、「響」文芸部員たちとチームワーク試すゲームに挑戦

「響 -HIBIKI-」学生限定公開直前イベント

10日、都内で映画『響 -HIBIKI-』の学生限定公開直前イベントが行われ、主演を務めた欅坂46の平手友梨奈をはじめ、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、笠松将が出席した。


響の幼馴染・椿涼太郎役の板垣は、役作りについて「とにかく“平手友梨奈を好きになる動画”っていうのを見まくった」と明かし、「そういう動画がYouTubeにあるんですよ。めちゃくちゃいいですよ」と強調。当の平手は「やめていただきたいです」と照れくさそうに斬り捨て、会場を笑わせた。
文芸部の部室にたむろする不良・塩崎隆也役の笠松は「初日はひと言も喋ってくれなくて、近づいちゃダメみたいだった。でも2日目に来てくれて、『なんて呼べばいいですか?』って」と平手との共演を振り返った。

4人は作中で同じ文芸部に所属。この日のイベントでも仲睦まじい様子でクロストークを繰り広げていた4人は、団結力やお互いの理解度を試すゲームにチャレンジすることに。

平手友梨奈(欅坂46)
平手友梨奈(欅坂46)
問題に対して答えを揃えるゲームでは、「秋といえば何?」「運動会で盛り上がる種目といえば?」といった出題に、3問全て揃えることがでいまま終了。
続いて、風船が割れないように、お互いに関するクイズに答えるゲームへ。2人1組になり、自分たちに関するクイズを相手ペアに出題。相手ペアが答えられないと、自分たちの風船が膨らんでいくため、どれだけお互いのことを知ってもらえているかが鍵となる。
平手・板垣ペアの「平手友梨奈の朝食はパン派か、ご飯派か」という問題に、アヤカ・笠松ペアは「撮影中に朝ごはんのおにぎりを美味しそうに食べてた」との理由から「ご飯派」と答えて正解。
その後も、「平手が苦手ではない食べ物」という3択問題で「椎茸」、「平手が撮影のためにクランクイン前にやったことは?」で「自転車に乗る練習をした」と、正解を連発。
各ペア1度ずつ不正解して風船が膨らみ、その大きさに狼狽える場面もあったものの、最終的に風船を割ることなくゲームが終了。平手は「あんな風船初めて見たので、すごいなって思いました」とマイペースに感想を語り、会場を和ませた。

映画『響 -HIBIKI-』は、ビッグコミックスペリオール(小学館)で連載され、「マンガ大賞2017」を受賞した「響〜小説家になる方法〜」が原作。
出版不況の文学界に彗星のごとく現れた1人の天才少女・響が、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与えていく人間ドラマを描く。
9月14日(金)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!