中条あやみ&佐野勇斗、西野カナの生歌に感激「カナやん最高!」

映画「3D彼女 リアルガール」特別試写会

11日、映画『3D彼女 リアルガール』の試写イベントが都内の劇場で行われ、キャストの中条あやみ、佐野勇斗とともに、主題歌を担当した西野カナが登壇した。


中条、佐野とすでに面識があるという西野へ、MCから2人の印象について質問。佐野について「かっこいい俳優さんというイメージがずっとあったんですけど、この映画を見てからは、オタクのつっつん(佐野が演じた筒井光)にしか見えなくて。でもこないだお会いしたら、やっぱりかっこいい人だった」 と印象を語ると、思わず嬉しそうな表情を浮かべた佐野が、中条から「本当に喜んでる」とイジられる一幕も。
中条については「もう異次元ですよね。皆さんそう思っていると思うけど、『3D彼女』って(タイトルの通り)何かから飛び出してきたよう。ドキドキしますよね」と、その美貌に惚れ惚れしていた。

西野は主題歌を制作する前と制作した後、そして映画が完成した後と、本作を合計3度鑑賞したそうで、「3回見て3回とも大号泣。年齢問わずキュンとして、人を好きになるって素敵だなと思わせてくれる映画」と作品を賞賛。西野の言葉に、主人公・五十嵐色葉を演じた中条は「照れちゃいますね」と頬を緩め、佐野も「嬉しいです。僕が泣きそうです今」と感激しきりだった。

主題歌を歌う西野カナ
主題歌を歌う西野カナ
その後、西野が主題歌「Bedtime Story」を披露。
間近で生歌を聴き、「すごいですね。すごいしか言えないんですけど、本当に感動しました」と心打たれた様子の佐野は、「失礼ながら……カナやん最高!」と、すっかりファン目線。
「撮影中のいろんな思い出とか感情を思い出した」という中条は、「歌わなくても可愛いのに、なんで歌っても可愛いんですか?」と、西野へ素朴な疑問をぶつけて会場を和ませた。

映画のために書き下ろした同曲について、「つっつんにも色葉にも、両方の気持ちに共感できて、2人の気持ちを描きたいと思ったので、今回は珍しく女心だけじゃなく、第三者として曲を書いてみた」と語る西野。「とにかく映画を見た後に、映画を見た時の気持ちのままこの曲を聞いてほしいなという気持ちがあったので、2人をイメージしながら書きました」と楽曲に込めた想いを明かしていた。

映画は、2016年7月まで講談社「月刊デザート」で連載された、那波マオによる同名人気コミックが原作。英勉監督をはじめとする映画『ヒロイン失格』のスタッフが再集結し、中条、佐野のほか、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろうといった若手俳優たちによって“美女とオタク”の純愛を描くラブコメ作品。9月14日(金)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!