乃木坂46・齋藤飛鳥、マシュマロ肌を見せつけキュートなツンデレ炸裂

齋藤飛鳥が「ニベア マシュマロケア」新CMに出演

乃木坂46の齋藤飛鳥が起用された「ニベア マシュマロケア」ボディシリーズの新CMとWEB動画が12日、ニベアの公式サイトで公開された。


「ニベア マシュマロケア」ボディシリーズは、肌の触り心地や見た目、さらに他者からの目線を気にする若年層特有のボディケア意識に着目したシリーズ。齋藤が同製品のターゲットである若い女性から「あしゅ」の愛称で親しまれ、かわいらしく、ふんわりとしたキャラクターが同製品のイメージにぴったりであり、また美しい素肌の持ち主であることから起用が決まった。
「『ニベア マシュマロケア』はもともと使っていたので親しみがあった」という齋藤は、「『え?私が?いいの?』という気持ちが大きかったです。不思議な気持ちになりましたが、とても嬉しかったです!」と出演が決定した心境を明かす。

全5篇が制作されたWEB動画は、「ニベア マシュマロケア ボディムース」を使って、おまじないするように肌にマークを描くことを「マシュもじ」と名づけ、楽しみながらボディケアをすることを提案するもの。
齋藤が「恋がうまくいきますように」「一日笑顔でいられますように」といった願いをこめながら、ハートやスマイルなどの「マシュもじ」を描いて塗っていく。
この時、「マシュマシュ マシュマローン」というおまじないのフレーズがあり、齋藤は「少し照れくさいなぁとか、ちょっと恥ずかしいなぁと思いましたが、握手会でファンの方に『元気になるおまじないして!』と言われて、今までは、照れるので『やだ』『やだ』と言って断り続けてきたので、これから使えるおまじないができて、ありがたいなぁと思いました」とコメント。
WEB動画は「ハート」篇の公開後、他4篇も順次公開される。

今月14日から全国で放送開始となる新CM「ふわわせ」篇は、槇原敬之の歌声をバックに、齋藤が「ニベア マシュマロケア ボディムース」で、腕や足のお手入れをする様子を描いた作品。
ラストシーンでは、カメラ目線で「触らせないし」と、ひと言。マシュマロ肌の幸福感を独り占めするツンデレなセリフと表情がみどころとなっている。

■「ニベア マシュマロケア」ボディシリーズ新CM「ふわわせ」篇

■WEB動画「ハート」篇


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!