欅坂46・菅井友香、「サイマジョ」聖地でテープカット「感慨深い」

長谷部区長、菅井友香、高橋社長(左から)

欅坂46の菅井友香が13日、商業施設「渋谷ストリーム」の開業と、渋谷川や渋谷川沿いに整備された約600メートルの遊歩道の落成を記念したオープニングセレモニーに出席した。


セレモニーは渋谷ストリームの1F 稲荷橋広場で実施。菅井は渋谷区の長谷部健区長や東京急行電鉄の髙橋和夫社長ら15人に混ざって紅白のテープにハサミを入れた。

テープカットを行った菅井友香(欅坂46)
テープカットを行った菅井友香(欅坂46)
女性アーティストのデビューシングル初週売上で歴代最高記録を更新した欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」のミュージックビデオは、当時建設中だった渋谷ストリームで撮影。また同シングルのジャケット写真も渋谷川で撮影された。
テープカット後に行われた囲み取材で菅井は「その時とは全然生まれ変わっていて、素直に衝撃を受けています」と街の変容ぶりに目を丸くしつつ、「こうして2年経って同じ場所に立たせていただいてとても感慨深いですし、渋谷という街に運命も感じています」とコメント。

「すべてが始まった場所なので、私たちにとってもとても大切な場所」と、デビューゆかりの地に対する思い入れを語り、「渋谷川でジャケット写真を撮らせていただいた時は長靴を履いて、みんなで『キャーッ』って言いながら撮影させていただきました。今は全然変わっているので、また全員で同じ場所で撮影させていただけたら嬉しい」と笑顔を見せていた。

渋谷ストリームは、旧東横線渋谷駅のホーム、線路跡地およびその周辺地区を再開発した大規模商業施設。約30店舗の商業ゾーンのほか、177室の客室を備えたホテル、渋谷エリア最大級のオフィスや、スタンディングで約700人収容可能なホールなどから構成される。
メンバーと買い物などで利用したいかと聞かれた菅井は「是非来たいですね。美味しそうなお店もたくさんあったので、お食事とかに使わせていただけたら」と目を輝かせていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!