役さながらに平手友梨奈を見守ってきた北川景子が映画公開初日に思わず涙

「響 -HIBIKI-」初日舞台挨拶

映画『響 -HIBIKI-』が14日に公開初日を迎え、本作で映画初主演を果たした欅坂46の平手友梨奈と共演の北川景子が都内の劇場で初日舞台挨拶に登壇した。


まだ初日を迎えた実感が湧かないという平手は、北川から「ずっとプロモーションで動いてきてるから、今日で終わりっていうのも不思議でしょ?」と聞かれ、「あ、そうです。変な感じです」と、ピンと来ない様子だった。

映画はビッグコミックスペリオール(小学館)で連載され、「マンガ大賞2017」を受賞した「響〜小説家になる方法〜」を原作とし、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写化。
出版不況の文学界に彗星のごとく現れた1人の天才少女・鮎喰響が、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与えていく人間ドラマを描く。

本作のタイトルにちなんで、キャストが「最近、心に響いたこと」をフリップに書いて発表するコーナーでは、平手演じる響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみを演じた北川が「良い思い出」と記入。「平手さんと一緒にこの映画の取材を受けていた時に、私が『平手さんにとって初めての映画だし、また映画界に戻ってきたいなと思ってくれるような経験になったらいいなと思ってやりました』って言ったら、ひーちゃんが、『うん、良い思い出だった』って言ってくれたのが、役柄もあって、ちょっともう泣きそうになっちゃって、すごく響きました」と、演じた役さながらの親心をのぞかせる。
平手は「いい思い出だったし、本当にいい出会いをさせていただいたなって思っています」と話し、MCから「担当編集者役が北川さんでよかった?」と問われると、「本当に良かった」としみじみ。隣に立った北川は「泣いちゃう」と、はにかんだ。

舞台挨拶の終盤には、サプライズで原作者・柳本光晴氏から平手への手紙が読み上げられた。
平手は「まさかお手紙が届いていると思わなかったので、すごく嬉しいです」と驚きの表情。原作者からの「平手さんの響は本当に響でした」という言葉を受けて、「本当なのかなって思っちゃうんですけど、でも原作の方から言われると、ちょっと自信というか、そうなのかなって思います」と控えめに喜びを語った。

思わず涙ぐむ北川
思わず涙ぐむ北川
北川は「クランクインした時から、(平手は)映画初めてだけど、すごい表現力のある人だと思ったし、すごくクリエイティブな精神を持っている人だと思うから、“映画ってこうやって撮るんだよ”っていう型にはめ込みすぎることなく、平手さんに自由にやってもらったらすごくいい響になる気がすると思っていて、そしたら初日から私にはすごく輝いていて、スパークしているように見えて、“ああ、響がいる”って私も思ったんですよ。だから原作の先生も素直にそう思ってくださったんだと思う。私はそれを早く皆さんにお見せしたいと思っていたから、嬉しいです」と映画の公開を喜びながら、思わず涙。会場から温かい拍手が送られ、「ごめんなさい、感極まっちゃいました。ずっと見守ってきたから。公開できて、彼女のためにも本当によかったと思います」と笑顔を見せた。

舞台挨拶には平手、北川のほか、共演のアヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、そして本作のメガホンをとった月川翔監督も登壇した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!