吉岡里帆、初のトップバッターで開幕飾る シークレット登場に歓声【GirlsAward 2018 A/W】

9月16日、千葉・幕張メッセにて国内最大のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」が開幕。今回で18回目となるガルアワのトップバッターを務めたのは、シークレットゲストの女優・吉岡里帆。大歓声を受けながらランウェイを歩いた。


トップバッターを飾った吉岡里帆
トップバッターを飾った吉岡里帆
吉岡はファッションブランド「GUESS」のステージに出演。ピンクのキャミソール型オールインワンにファーのついたデニムジャケットを肩に羽織ったクールなスタイル。輝く大ぶりピアスとネックレスをアクセントにし、自身初のトップバッターながら堂々と秋の装いを披露した。

ランウェイを歩ききった先端では挑戦な鋭い視線を会場に送り、観客を魅了。吉岡に続いて滝沢カレン、藤田ニコル、古川雄輝、瑛茉ジャスミン、飯豊まりえと人気モデルが続々と登場し、最後にシークレットゲストである志尊淳が現れると、再びひときわ大きな歓声があがった。

「GirlsAward」は「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」というスローガンの下、年2回開催されるファッション&音楽イベントで、今回で18回目を迎える。白石麻衣、滝沢カレン、藤田ニコルら総勢149人のモデルがランウェイを彩るほか、欅坂46、乃木坂46、M!LK、NCT 127らアーティストによるライブステージが展開。MCはオリエンタルラジオの藤森慎吾、ゆりやんレトリィバァ、夏菜、日本テレビの笹崎里菜アナウンサーが務める。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!