齋藤飛鳥が大粒の涙…「あの頃、君を追いかけた」クランクアップ映像到着

「あの頃、君を追いかけた」クランクアップ

10月5日(金)公開の映画『あの頃、君を追いかけた』のオールアップ後のコメント動画が到着した。


動画には、最後のシーンとなった台湾ロケを終え、揃ってクランクアップを迎えた山田裕貴と齋藤飛鳥の様子が収められており、主演の大役を務めた山田は、「ダメだ、泣いちゃう」と涙を堪えつつも、「キャスト、スタッフの皆様も支えて頂きありがとうございました」と感謝。
映画初出演にしてヒロインを演じた齋藤飛鳥は「私が、足を引っ張ってしまったこともあったかもしれないんですけど、今はただただ、みなさんと会えなくなっちゃうのが、寂しいです」と大粒の涙。「お芝居にも興味を持て、素敵な機会を得られて幸せでした」と充実感をにじませた。

本作は台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、大ヒットを記録した青春映画のリメイク。舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに齋藤飛鳥を迎え、お気楽な高校生活を送っていたお調子者の水島浩介(山田)と、彼のお目付け役に任命されたクラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤)の恋模様を描く。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!