乃木坂46・西野七瀬がラストシングルで11作ぶり単独センター 3期生・伊藤&佐藤が初選抜

乃木坂46

乃木坂46が11月14日にリリースする22ndシングルの表題曲を歌う選抜メンバーが、9月30日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京)で発表され、年内をもってグループを卒業する西野七瀬がセンターを務めることがわかった。


西野の単独センターは11thシングル『命は美しい』以来、11作ぶり4度目。
メンバーに卒業を伝えた西野は「もうグループの中では年上のほうになってきて、いろいろな経験ができたので、そんなにやり残したみたいなこともなくて、新しいことをやるにはやっぱりグループを離れるのが一番だなって思ったので」と卒業を決意した胸の内を明かす。「(悔いは)全くないです」と清々しい表情で断言し、「実感が湧いてないんですけど、悲しい感じにはしたくないので、和やかな感じで残りの時間を楽しんでもらえたらいいなと思います」と語った。

西野七瀬
西野七瀬
グループをともに牽引してきた白石麻衣は、西野の卒業報告を受けて「西野と二人で話すことも最近多くなったりして、なんかちょっとそういう時期なのかなって薄々気づいていたりもしたけど、最後に一緒に活動できるラストシングルになるから『楽しかった』って思えるくらいの22枚目が作れたら良いなと思います」と語った。

今作の選抜メンバーは各列7人ずつの計21人。3列目は向かって左から、斉藤優里、井上小百合、佐藤楓、大園桃子、伊藤理々杏、新内眞衣 高山一実。
初選抜となった伊藤理々杏は、前作の選抜発表時に母親らに心配されたことを涙ながらに明かし、「喜んでくれたらいいなって、まず思いました」と率直な心境を語る。「足を引っ張らないようにしたいので、いっぱい頑張ろうと思います」と意気込んだ。
同じく初選抜の佐藤楓は「びっくりしてるし、『なんで自分なんだろう』って思ったんですけど、先輩方が来てくれて、『そういうことは思わずに、でも自分が選ばれた理由は考えつつ、一緒に頑張ろうね』って言ってくださって、頑張るしかないなって思います」と決意を語った。

2列目は同じく、衛藤美彩、秋元真夏、堀未央奈、若月佑美、星野みなみ、桜井玲香、松村沙友理の7人。1列目は、梅澤美波、山下美月、齋藤飛鳥、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、与田祐希となった。

乃木坂46 22ndシングル(タイトル未定)選抜メンバー

3列目:斉藤優里 井上小百合 佐藤楓 大園桃子 伊藤理々杏 新内眞衣 高山一実
2列目:衛藤美彩 秋元真夏 堀未央奈 若月佑美 星野みなみ 桜井玲香 松村沙友理
1列目:梅澤美波 山下美月 齋藤飛鳥 西野七瀬 白石麻衣 生田絵梨花 与田祐希
(全て立ち位置向かって左から)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!