欅坂46・今泉佑唯、写真集撮影でウエスト12センチ減「大変だったので達成感」

今泉佑唯

欅坂46・今泉佑唯が3日、初のソロ写真集「誰も知らない私」(主婦と生活社)の発売記念イベントを都内の書店で開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。


イタリア・ナポリ郊外に滞在し、南イタリアの明るいムードの中でのびのびと撮影を行なった本作。 愛くるしい笑顔はもちろん、今まで誰も知らなかった大人びた表情や、完成度の高いボディラインなど、今泉佑唯の魅力が凝縮された1冊となっている。

「写真集を出させていただけるなんて思っていなかったので、すごく不思議な気持ちでいっぱい」と話す今泉。完成した写真集を見て、「撮影中のことだったり、撮影するまでの2ヶ月間の準備のことをいろいろ思い出して涙が出ました」としみじみ。
写真集には水着の写真も収められており、「フィッティングの時は自分の体が未完成だったこともあって、正直恥ずかしさもあった」そうだが、「そこからかなり、撮影の時に恥じらいがあまり残らないように追い込んで、撮影の時はあまり恥じらいというのもなくて、スタッフさんがすごく温かくて家族みたいな感じだったので、すごく安心して水着の撮影をしました」と、撮影前に入念に体作りを行ったことを明かす。
「筋肉も全くなくて、腹筋もなかったんですけど、2ヶ月間でウエストを12センチ絞って、体脂肪率も6%くらい落として、すごく大変だったので、達成感があります」と笑顔を見せた。

よく笑うことから、欅坂46の冠番組でMCを務める澤部佑が名付けた“ゲラ泉”という愛称もファンの間で定着している。写真集お気に入りのカットも、まさにそんな一枚。
夜の撮影に向けてスタッフが準備している間、メイクも髪も崩れた状態でカメラマンのアシスタントと一緒にふざけて遊んでいた時の写真で、「お腹抱えるくらい、床に転げるくらい笑ったので、それが自分らしいかなと思って」と、選んだ理由を説明した。
囲み取材中も終始笑顔が絶えず、写真集の自己採点を聞かれた際にも、「10代の時に撮影をして先日20歳になったので、(100点に)20点足して120点」と言った後で「絶対面白くないですよね!」と自ら爆笑していた。

お気に入りのカットを見せる今泉
お気に入りのカットを見せる今泉
写真集は予約も好調で、発行部数は発売前重版込みで10万部を突破。
今泉は「信じられないですね。たくさんの方に『誰も知らない私』が愛していただけたら嬉しい」と満面の笑みを浮かべ、「普段からゲラゲラ笑うんですけど、写真集の中には大人っぽい私もたくさんいるので、それはきっとファンの皆さんも知らない私なんじゃないかなって思います」と、『誰も知らない私』と題された写真集をアピールした。

今泉は8月に自身のブログにてグループからの卒業を発表。
あらためて卒業を決めた気持ちを聞かれ、「自分の将来とかすごく考えた時に、今年20歳を迎えたので節目の年に卒業して、自分に何ができるかっていうのは正直まだわかっていないんですけど、新しいことに挑戦していきたいなと思って決心しました」とコメント。
これまでに欅坂46から卒業したメンバーはいないため、「前例がなくて、自分に何ができるかとか、何を求められているかっていうのが正直まだわかっていないので、どういう道を歩んでいったらいいのかというのは日々考えている」と現在の心境を吐露。「卒業してもタレントとして成功していけるように頑張っていけたら」と卒業後の芸能活動への意欲を語った。

9月には米谷奈々未が学業に専念するため年内をもってグループから卒業することを発表した。
今泉は「私が卒業発表した時に連絡いただいて、『私も実は…』というのを聞いた」と明かし、「もっと長くいると思ったので信じられない気持ちと、でも背中を押せたらいいなと思います。学業も頑張ってもらいたい。」とエールを送った。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!