実写映画「キングダム」主演は山崎賢人!吉沢亮・長澤まさみ・橋本環奈ら豪華キャスト迎え来年4月公開

映画「キングダム」製作報告会見

累計発行部数3600万部超の人気漫画を実写化する映画『キングダム』の製作報告会見が9日、都内で行われ、俳優の山崎賢人が主演を務めることが明らかとなった。


物語は紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」が舞台。大将軍になるという夢を描く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・政を壮大なスケールで描く。

主人公・信を演じる山崎は2016年に公開された10周年記念の特別動画でも信を演じている。会見に登壇した山崎は「2年が経って、今回、映画で信をやらせていただくことになって、運命的なものを感じている。大好きな作品で、原作の持っている熱さを胸に、死ぬ気で、身を削る思いで撮影に挑みました」と語った。

「キングダム」ポスター
「キングダム」ポスター
その他のキャストも明らかとなり、中華統一を目指す若き王・政と信の幼馴染で政の影武者となる漂を吉沢亮、山の民の美しき王・楊端和を長澤まさみ、信、政と行動を共にする河了貂を橋本環奈、秦の六大将軍・王騎に大沢たかお、王騎の副官・騰に要潤、政の異母兄弟・成きょうを本郷奏多、政に忠誠を尽くす第一の側近・昌文君を高嶋政宏、昌文君の副官・壁に満島真之介と、豪華俳優陣が集結。

脚本には原作者の原泰久も参加し、納得のいく脚本の完成までに2年を費やした。『GANTZ』『いぬやしき』の佐藤信介監督がメガホンをとり、2018年4月から中国で撮影開始。20日間に及ぶ大規模な中国ロケの後、日本での撮影を行い、すでにクランクアップ。現在はポストプロダクションの作業に入っている。
原作の大ファンだったという吉沢は「その作品に携われたこと、素敵なキャストとスタッフの皆さんと1つの作品を、身を削る思いで全身全霊で、みんなで1つになって挑めたということがとても幸せな現場でした」とハードでありながらも充実した撮影期間を振り返った。

映画『キングダム』は、2019年4月19日(金)全国公開。

※山崎賢人の崎はたつさき、高嶋政宏の高ははしごだか、成きょうのきょうはむしへんに喬が正式

https://www.youtube.com/watch?v=vqLRzOp6lV8

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!