永野芽郁×北村匠海×月川翔監督で儚く美しい命の物語を実写映画化 <君は月夜に光り輝く>

「君は月夜に光り輝く」キャスト

永野芽郁と北村匠海が2019年3月15日(金)公開の映画『君は月夜に光り輝く』でW主演を務めることがわかった。


第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』など、人間描写に定評がある月川翔監督が実写映画化。W主演の永野と北村は本作が初共演。北村と月川監督は『キミスイ』以来のタッグとなった。

永野が演じるのは、死期が近づくと体が発光する“発光病”という不治の病を患い余命いくばくもない少女・渡良瀬まみず。北村が演じるのは、入院中のまみずと出会い、病院から出ることが許されない彼女の“叶えられない願い”を代行体験という形で叶えていく少年・岡田卓也。
ひょんなことがきっかけで、病院から出られないまみずは自分では叶えられない願いを卓也に代わりに実行してもらう“代行体験”を提案し、卓也はその願いを次々と叶えていくことに。代行の報告を通して、ただいつか訪れる死を待つだけだった人生に喜びを見出していくまみずと、姉の死以来内気であまり活動的でなかったけれど、まみずの喜ぶ姿を見ることで明るく変化していく卓也。
想いを寄せ合いながらも、徐々に迫りくる“死”を目前にした二人が取る選択とは――?

本作は今月7日にクランクイン。ヒロインを演じた朝ドラ『半分、青い』後初の映画出演となる永野は、「なんだか朝ドラのテンポ感に慣れてしまって、久々の映画の現場に緊張しています。そして久々に違う女の子を生きる不安もありますが、新鮮な気持ちで向き合って頑張りたいと思います」と意気込み。

その他のキャストとして、まみずと卓也が出会うきっかけを作る同級生・香山彰には甲斐翔真、卓也の亡き姉・鳴子には松本穂香、卓也のバイト先の先輩・平林リコに今田美桜、まみずの担当看護師・岡崎に優香、まみずの母・律に生田智子、卓也の母・恭子に長谷川京子、ある事情でまみずに会うことが出来ない父・真に及川光博と、フレッシュな面々から実力派まで、多彩なメンバーが顔を揃える。

©2019映画「君は月夜に光り輝く」製作委員会

永野芽郁 コメント

最初にお話をいただいた時から絶対にやりたい!と思う役だったので、月川監督の作品に出演できるという喜びと、まみずという、色んな時間を重ねていく度に魅力的な儚さを持つ女の子を演じることができるのが本当に嬉しいです。
朝ドラ出演後、初の映画出演となりますが、なんだか朝ドラのテンポ感に慣れてしまって、久々の映画の現場に緊張しています。そして久々に違う女の子を生きる不安もありますが、新鮮な気持ちで向き合って頑張りたいと思います。
北村匠海さんとはまだあまり現場でご一緒していないのですが、居心地の良い方なので、最後まで穏やかに落ち着いた雰囲気のままできるんじゃないかなと勝手に思っています(笑)。
原作を読んでみて、まず表紙を見たときに、とても綺麗なのにどこかとても儚い印象がありました。最後まで読み終わったときに表紙の意味が分かって泣きました。まみずの心の言葉を自分が演じる事で壊さないように、お守りとして原作と共に撮影に臨みたいと思います。

北村匠海 コメント

今回、『君は月夜に光り輝く』にて岡田卓也役を演じることになりました北村匠海です。
まず月川監督とまた映画を作れることが純粋にすごく嬉しかったです。
温もりがあり、そして緊張感もある現場で芝居をすることがとても楽しみでワクワクしています。
原作、台本を読んでみて、すごく純度の高い、そして人として大事なテーマである“命”を扱う映画に再度起用して頂けたことについてとても感慨深く、“卓也”を精一杯生き抜きたいと思います。
素敵なキャスト・スタッフの皆様と、そして初共演の永野芽郁さんとこの物語を大切に紡いでいきたいと思うと同時に、僕自身この作品に真正面から向き合って変わらない映画への愛を注いでいきます。
完成を楽しみにしていてください!

月川翔監督 コメント

あらすじを読むと“肌が光る病気の話”と思うかもしれません。しかしこれは“命の輝き”を描く物語です。
命が終わろうとするときに、新たな始まりを見つける光のような。
原作は佐野徹夜さんのデビュー小説であり、佐野さんの人生に根差した大切な一作だと感じました。心して映画化に臨みます。
主演の永野芽郁さんは、僕がこの原作を読んでいる時期にCMでご一緒して、イメージにピッタリだと運命的に感じ出演オファーしました。北村匠海さんは『君の膵臓をたべたい』で信頼関係を結べており、真っ先に頭に浮かびました。というか彼以外考えられなかったです。
この心強いキャスト・スタッフとともに、“生きること”の感動をお届けできるよう頑張ります。

ストーリー

高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。
明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。
細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。
そして、成人するまで生存した者はいない―。  
原因はいまだに解明されておらず、患者は病院から出ることを許されない。まみずは”籠の中の鳥”だった。

卓也は病院から出られないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。
代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。
しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された”ある過去”を呼び覚ます。

命のともしびが消えるその瞬間。
まみずが卓也に託した最期の代行体験とは――。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!