佐藤健、高橋一生は「商売上手男」 影響されて「気づいたらチャリ買ってた」

映画「億男」初日舞台挨拶

映画『億男』が19日に公開初日を迎え、出演の佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、北村一輝、藤原竜也と大友啓史監督が都内の劇場で初日舞台挨拶を行った。


舞台挨拶では本作のタイトルにちなみ、「佐藤健と高橋一生は何男?」という質問を共演者がフリップに書いて発表。佐藤については高橋、黒木、北村の3人が「色男」で一致する結果に。

高橋については藤原や池田が「優しそうな男」「優男」と答える中、北村が「チャリ男」と回答し、「自転車しか興味がない」とキッパリ。高橋も「その通りでございます」と認める。
続いて「商売上手男」と書いた佐藤が「たぶん、正解はチャリ男なんです」と前置きしてから「僕も現場でチャリの話を聞いて、気づいたら僕がそのチャリ買ってたんです」と、高橋の話に影響されたことを告白。
さらに、「さっきもトイレで歯を磨いていたんです。僕はコンビニの安い歯ブラシで磨いていたら、一生さんが3万くらいする電動歯ブラシみたいなのを持って登場して、『それ何すか?』って聞いたら『これすごいいいんだよ。アプリと連動してて』って。たぶんその歯ブラシを僕は買うんです」と話して会場を笑わせていた。

映画は、川村元気の同名小説が原作。借金を抱え、家族もバラバラだったが、突然3億円の宝くじが当選し、人生をやり直そうとする矢先に、その金を億万長者であったはずの親友に持ち逃げされる男を主人公に、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問うエンターテイメント作品。
佐藤が不運な主人公・一男を、高橋が一男の3億円とともに忽然と姿を消す謎多き男・九十九を演じた。

今年1月1日にモロッコロケに出発。佐藤が「1月1日の朝に空港集合で一生さんとほぼほぼはじめましてだったのが印象に残ってますね」と話す通り、2人は本作で初共演。
佐藤曰く、「最近、やっと喋れるようになった」そうで、「撮影期間中はかなり探り合ってました。一生さんは他人に興味がない人なのかなと思っていたので、ちょっと離れたところから観察していた」と振り返る。
そんな中で演じた親友役について、佐藤は「そういう意味では、芝居力のある人でよかった」と安心した様子で、高橋は「そんなことない。ただただ仲良くなりたいエネルギーです」と謙遜していた。

映画『億男』は全国で公開中。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!