サプライズ登場のNissy(西島隆弘)、吉沢亮&新木優子と3人で“トリコダンス”披露

映画「あのコの、トリコ。」大ヒット御礼舞台挨拶

映画『あのコの、トリコ。』の主題歌を担当したNissy(西島隆弘)が23日、都内の劇場で行われた本作の大ヒット御礼舞台挨拶にサプライズ登場した。


この日の舞台挨拶のテーマが「ハロウィン」であることから、頭に角を付け、花束を持って登場したNissyは、割れんばかりの歓声を浴びながら、吉沢亮、新木優子、宮脇亮監督の3人が立つステージへ。主演を務めた吉沢へヒットを祝う花束を手渡すと、握手と抱擁を交わした。

吉沢はNissyが本作のために書き下ろした主題歌「トリコ」について、「本当に『あのコの、トリコ。』という映画のポジティブさだったり、可愛らしさというものを、完璧に可愛らしく表現してくださっていて、この曲を聴きに、このエンドロールを見るだけでも、この映画見る価値があるんじゃないかなというくらい素晴らしい曲でした」と絶賛。

同曲のMVにはNissyとともに新木が出演。
新木は「すごいいろんな反響をいただいてうれしかったですし、映画の世界観とはまた違った世界観が表現出来たのかなと思います」と感想を述べ、Nissyは新木との共演を振り返って「撮影中も本当可愛いらしくて、どうしようかなと思っちゃいました。どうすることもできないんですけど、どうしようかなと思いました」と、会場を笑わせた。

MV中でNissyと新木が踊っている“トリコダンス”は、その後、吉沢や杉野遥亮らキャストも巻き込んで、SNS上でトータル2000万回再生を超えるなど話題沸騰中。本来はペアで踊るダンスだが、この日は吉沢、新木、Nissyの3人バージョンで披露した。
吉沢は「3人で踊らせていただくの初めてですし、これはなかなかレアですよね」と話し、2人に挟まれる形となった新木は「舞台挨拶の中で一番緊張しました。間違えないようにしなきゃと思って。でもすごい楽しかったです」とニッコリ。
Nissyは「振り付けをペアで考えてましたけど、まさか3人でやるとは思いませんでしたから、うれしいですね」と喜んだ。

映画は白石ユキの同名漫画が原作。
主人公の鈴木頼を吉沢、頼が想いを寄せるヒロインの立花雫を新木、頼のライバルで人気イケメン俳優の東條昴を杉野遥亮がそれぞれ演じ、主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼が、大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかける姿を描く。

映画『あのコの、トリコ。』は現在全国で公開中。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!