乃木坂46、新曲MV2作同時公開 卒業する西野ソロ曲は彼女の幸せな未来を願った作品に

「つづく」

乃木坂46が11月14日(水)に発売する22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」にC/W曲として収録される「キャラバンは眠らない」「つづく」のMusic Videoが、2作品同時に公開された。


「キャラバンは眠らない」は乃木坂46の若手メンバーたちによる楽曲。ストーリー仕立てのMVは、メンバーごとに異なるシチュエーションでの撮影だったため、乃木坂46のMusic Videoでは最長となる5日間の収録となった。
東京に引っ越してきたばかりの齋藤飛鳥、友達とうまく馴染めない与田祐希と山下美月、バイト先で上手く振る舞えない堀未央奈、友達と離れることになった梅澤美波。友達関係や部活、進路や家庭、若者は若者として生きていく中での困難やトラブルはあるけれど、自分の中のちょっとした気持ちの変化でそれに立ち向かい、見える風景が変わっていくはず……というストーリーが描かれている。
初めて涙を流すシーンを求められた与田祐希は、自身が地元福岡から東京に出てくるときに行なわれた“お別れの会”を思い出しながら涙を流したり、料理のシーンがある大園桃子は実際に卵焼きを作り、次に撮影があった齋藤飛鳥に置き土産としておいていくなど、それぞれのシチュエーションを楽しみながら、メンバー自身のキャラクターも活かされた撮影となった。

「つづく」は今作が乃木坂46としてのラストシングルとなる西野七瀬のソロ曲。
今から10年先の未来に、子供を連れて遊園地に遊びに行く1人の幸せな女性。遊園地で見た1枚のポスターで過去の思い出が甦ったりと、西野七瀬の幸せな未来を願ったMusic Videoとなっている。
家の中でのシーンでは実際に西野七瀬の部屋にある小物を使用するなど、リアリティを出すための工夫が施された。
また、子どもをしっかり抱くのが初めてだったという西野は、子どもの重さとお母さんの大変さを実感したという。
乃木坂46のMVでは「無口なライオン」「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」、西野の個人PVも手掛けたことがある映画監督・湯浅弘章氏が担当した。

2作品いずれも、どことなく切なさを含みながらも、心温まるようなラストシーンで締めくくられるMVとなっている。


https://youtu.be/w9k1A7Nldiw
https://youtu.be/KTTwNSxcgyA


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!