第31回東京国際映画祭が開幕 アンバサダー・松岡茉優がレッドカーペットに登場 <第31回東京国際映画祭オープニング>

第31回東京国際映画祭(TIFF)が25日に開幕し、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたレッドカーペットイベントに、同映画祭のアンバサダーを務める女優の松岡茉優が登場した。


第31回東京国際映画祭アンバサダーの松岡茉優
松岡は映画初主演を果たした『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)で、昨年の同映画祭に新設された期待の若手俳優に贈られる東京ジェムストーン賞を受賞。
今年のJapan Now部門で上映される『万引き家族』(是枝裕和監督)では柴田亜紀役を好演した。

ピンクのノースリーブのドレスをまとって登場すると、ステージ上で「この会場は普段はショッピングであったりとか、もちろん映画館もありますし、老若男女いろんな方がたくさん訪れる素敵な場所です。そこでこうやってたくさんの国からたくさんの素晴らしい映画が届く、そして発信する、そんな場所になることがとても大好きで毎年楽しみにしております。そんな大好きな映画祭のアンバサダーに選ばれてとても光栄です。とてもとても楽しい時間にしましょう」と挨拶した後、六本木ヒルズアリーナに敷かれたレッドカーペットを歩いた。

第31回東京国際映画祭は、10月25日(木)から11月3日(土・祝)までの10日間、東京・六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、日比谷ステップ広場などで開催。200作品以上が上映されるほか、様々なゲストによるQ&Aやトークショーなどのイベントが多数開催される。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!