欅坂46・渡辺梨加、今年中にやりたいことは「イモ掘り」 意外な願望明かす

欅坂46

欅坂46が永谷園のお茶づけ商品のキャンペーンキャラクターに就任。メンバーの菅井友香、長濱ねる、渡辺梨加、渡邉理佐が1日、都内で行われたキャンペーン発表会に出席した。


今年も残すところあと2ヶ月となり、イベントの最後に「やり残したこと」や「今年中にやっておきたいこと」を聞かれた欅坂46のメンバーたち。
幼い頃から乗馬をはじめ、馬をこよなく愛する菅井は「今年まだ大好きな馬にあまり会えていない」と、スマホの待受画面を馬に設定するほど想い焦がれている様子で、「大好きな馬に会って、紅葉の中で馬に乗れたら気持ちいいだろうなと思っています」と、年内に馬と触れ合う機会を望む。
続いて聞かれた渡辺梨加は「イモ掘りです」と、清楚な雰囲気に似つかわしくない意外な答え。「さつまいもが大好きで、今年はイモ掘りをしたい」と目を輝かせる。茨城県出身の渡辺は「地元がサツマイモで有名」だそうで、「小学生以来していない。(採ったイモで)焼きイモがしたい」と願望を打ち明けていた。

「永谷園×欅坂46 お茶づけで会いましょう!」キャンペーンでは、欅坂46のライブフォトカードが封入されたお茶づけ商品の販売や、TV-CM、WEB動画企画などが展開される。
4人は11月2日より放映される新CM「お茶づけで会いましょう!」篇に出演。2018年夏の全国アリーナツアーのライブ映像を交えながら、楽屋でお茶づけを食べてくつろぐ4人のかわいらしい笑顔が印象的なCMとなっている。

商品にちなみ、料理事情を尋ねられた長濱は「一人暮らしなので、今の季節は家で鍋とか作ってますね」と、1人用の小さな鍋で豆乳鍋やキムチ鍋を作っているそう。菅井は「こないだ、メンバーの鈴本美愉と佐藤詩織と一緒にチーズを入れたアメリカンドッグを一緒に作りました」と話し、「美味しくできました」とニッコリ。
また、今月29日に23歳の誕生日を迎える菅井は「まだお仕事の予定もわからないんですけど、もしも時間があったら、育ててくれた家族と一緒にご飯に行けたらいいな」と笑顔を見せていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!