新木優子が六本木ヒルズけやき坂通りのイルミネーションを点灯 今年は「皆様に育んでいただいた年」

イルミネーションを点灯した新木優子

モデルで女優の新木優子が5日、東京・六本木ヒルズで行われた「六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション」の点灯式に登場。イルミネーションの点灯者“SNOW QUEEN”を務めた。


イベント前になって突然雨が降り出すハプニングに見舞われたが、イベントスタートと同時にピタリと止み、ジョルジオ・アルマーニの黒いドレスをまとって六本木ヒルズアリーナの大階段を降りてきた新木が点灯台に手をかざすと、約400メートルの六本木けやき坂通りを彩る約70万灯のLEDが一斉に点灯した。

けやき坂通りのイルミネーションを「毎年見に来ていた」という新木は、「いつも見ているイルミネーションを私自身の手で点灯させていただくことができてすごく光栄ですし、うれしく思います」と感無量。
この日着用したドレスとジュエリーの総額は約1億円。「すごく緊張感があるんですけど、こういう場に見合った素敵なジュエリーとお洋服で出させていただけてすごくうれしいです」と感激した様子で、「クリスマスと誕生日が近いので、合わせて自分にご褒美を買うことが多いんですけど、今年も何か素敵なジュエリーを自分に買ってあげようと思いました」と目を輝かせた。
今年のクリスマスについては、すでに仕事が入っているそうで、「スタッフの皆様と何かクリスマスっぽいことができればいいなと思っています」と白い歯を見せていた。

今年を漢字1文字で表すと、「育」。「今年はいろんな役をいただいたり、女優としてもモデルとしても成長させていただいた1年になりましたし、皆様に育んでいただいたなという思いが強かったので」と充実の1年を振り返り、2019年については、「もっともっと自分からチャレンジしていくような1年になったらいいなという思いをこめて挑戦できる年にしたい。モデルでも女優でも私生活でもいろんなことに挑戦していけたら」と来年を見据えた。

「六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション」は12月25日(火)まで。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!