浜辺美波、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー受賞「周りの人のおかげ」

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞した浜辺美波と桐谷健太

女優の浜辺美波が、最も笑顔が輝いている各界の文化人・著名人を表彰する「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞。8日に都内で行われた授賞式に出席した。


「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」は、日本歯科医師会が展開する「いい歯は毎日を元気にプロジェクト」の中心事業として開催され、同プロジェクトの実行委員会が最も笑顔が輝いている各界の文化人・著名人を選出・表彰するもの。今年は女優の浜辺美波と俳優の桐谷健太が受賞した。

浜辺は表彰状と受賞の盾とともに日本歯科医師会PRキャラクター「よ防さん」のぬいぐるみを受け取り、満面のスマイル。「私自身、周りの人がみんな笑顔が素敵で、周りを明るくするような笑顔を持っている人がたくさんいて、そういう人に憧れて、笑顔で周りを明るくできる人になれたらいいなとずっと思っていたので、こういう賞をいただけるのは周りの人のおかげでもあります」と周囲に感謝しながら、喜びを語った。

恒例の質問として、お互いの笑顔の印象を聞かれた受賞者の2人。桐谷は浜辺の笑顔について「透明感があって、センチメンタル&ノスタルジックにさせてくれるような素敵な笑顔」と独特の表現で賞賛。
浜辺は「本日初めてお会いしたんですけど、エネルギーに溢れる笑顔をされているなと思いました」と印象を述べ、桐谷が現在、朝ドラ『まんぷく』に出演中であることから「元気をもらえるような、それこそ毎朝見たいような笑顔。生で見られて、元気をいただきました。今日はいい一日を過ごせそうです」と褒めちぎった。

「今年一番ベストスマイルになった瞬間」を聞かれると、「1~2週間くらい前に、お正月ぶりに実家に帰りまして、久しぶりに母の手料理を食べて、美味しすぎて笑っちゃいましたね。落ち着くというか、本当に心から美味しいなと思って」と頬を緩ませ、最後は「これからも周りのスタッフさんたちのような、元気を与えられるような笑顔を目指して、心と歯と身体を健康に気遣って、頑張っていきたいと思います」と力を込めた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!