久保史緒里「期待をいい意味で裏切れる」 3坂道初共演「ザンビ」に自信 齋藤飛鳥の映像出演も明らかに

「ザンビ」舞台初日前会見

11月16日よりTOKYO DOME CITY HALLで上演される「ザンビ」の舞台初日前会見が15日に同所で行われた。


本作は、いまだ全貌が謎に包まれている「ザンビ」プロジェクトの第一弾として上演される舞台作品。
乃木坂46から与田祐希、山下美月、久保史緒里、梅澤美波、欅坂46から土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜、けやき坂46から齊藤京子、小坂菜緒、柿崎芽実、加藤史帆が出演し、坂道3グループの舞台初共演が実現。初日前会見には12人が揃って出席した。

12人が演じる役どころ

本舞台では坂道グループの12人が6人ずつ、TEAM “RED”とTEAM “BLUE”に分かれ、ダブルキャストで挑む。
鳴沢摩耶役の与田祐希は「守るべき友達がいて、だからこその強さだったり芯がある女の子」と役どころを紹介。TEAM “BLUE”で同役を演じる久保は「普段はメンバーに頼っちゃったりして、自分自身は弱いなって思うので、今回は自分の強さをお見せできたら」と意気込んだ。
一ノ瀬杏奈役の山下は「暗い過去が原因で記憶を失ってしまう女の子なんですけど、きっと人それぞれ暗い過去があったり、劇場に足を運んでくださるお客様の中にも過去に辛い思い出を持った方もいらっしゃると思うので、そういう方に何か力とか希望とか勇気とかをお見せできるような舞台に、全員で力を合わせて千秋楽までやり遂げたい」と力を込めた。

与田祐希(乃木坂46)
与田祐希(乃木坂46)
欅坂46の4人は舞台初挑戦。
守屋は、小林とダブルキャストで演じる一色彩菜役について「雪穂と一緒に行動することが多いんですけど、曲がったことが嫌いで、すぐに行動に移すタイプ。すごい元気なので、シリアスな場面の中でそういう性格を出すのが難しかった」と試行錯誤を窺わせる。「歌を歌うシーンもあって、その曲が坂道3グループそれぞれのカラーに合わせた曲になっているので、それも楽しみにしていただけたら」と、作品の見どころの1つを紹介した。

キャプテンの菅井は、土生とダブルキャストで桂雪穂役を演じる。「納得いかないルールは破っていく行動力もある、とても活発でフランクな女の子。言葉遣いが男の子っぽい部分もあってかっこいいんですけど、自分とは正反対で、そこの感情を理解するのが難しかった」と苦労をにじませつつ、「初めての舞台で学ぶことがたくさんあって、とても勉強になる日々でした」と稽古期間を回顧。「3グループ合同の初の舞台で、3グループの違いも舞台の中で見れると思うのでそこも楽しみにしていただけたら」と呼びかけた。

柿崎と齊藤が演じるのは本宮佳蓮。
柿崎は「飯野ゆかりちゃんといつも一緒に行動している親友なんですけど、すごく真面目で純粋な女の子だと思います」と演じる役柄を紹介。「出てくるキャラクターは正義感の強い子が多くて、正義と正義のぶつかり合いとか、極限状態に追い込まれたら人はどうなるのかとか、そういうところに注目していただけたら」とアピールした。
飯野ゆかり役の加藤は、緊張のせいか「TEAM “BLUE”の加藤史帆役……あれ?」と、自分の名前と役名を言い間違えて、メンバーから笑いが漏れる。普段はおっとりした口調のため、「お客さんに恐怖を感じさせるような台詞の言い方に苦戦して、いっぱい練習したので、千秋楽までもっと成長していけるように頑張ります」と意気込んだ。

初共演の印象を語る

梅澤は他グループのメンバーについて「本読みのときにお会いして、その時、ちゃんとお話ししたのはほぼ初めてだったんですけど、“はじめまして感”がないというか、同じ血を感じました」と振り返り、「今回は坂道グループ合同ということで、みんなで助け合いながら、ダブルキャストなのでお互いのチームで切磋琢磨しつつ、TEAM “BLUE”でもみんなで話し合ったりとか、絆を深めながら頑張ったので、それぞれの役のキャラクターの関係性にも注目して見ていただけたら」と坂道グループの強い団結力を強調。
土生は「最近、お昼ご飯にスモークチキンを食べるのにハマっているんですけど、乃木坂さんやひらがなちゃんはイチゴとかパンケーキとか可愛らしい食べ物を食べるのかなと思ったら、こないだ久保ちゃんがスモークチキンを食べているところを発見したので、そういうところは似てるのかなって思いました」と明かし、久保を「見られていたなんて」と赤面させた。

お互いの演技について聞かれると、菅井は「久保さんや梅澤さんは、心にくる、自然と涙が溢れてきちゃうような繊細な演技をされていて、リハーサルなのに、一緒に出ているのに感情移入しちゃうような演技」と舞台経験者の実力に舌を巻く。
一方、けやき坂46の柿崎は「菅井さんの演技がすごく心に響いた」と菅井の演技を賞賛。「いつも稽古中に、回数を重ねるごとにどんどん感情が入っていってるのがすごくわかって、感動しました」と話した。

齋藤飛鳥の映像出演が明らかに

齋藤飛鳥(乃木坂46)
齋藤飛鳥(乃木坂46)
さらに、会見では齋藤飛鳥の映像出演が明らかに。齋藤が演じる山室楓というキャラクターについて、山下は「これから『ザンビ』という作品でとても重要な人物になっていくんですけど、だんだんとわかっていくと思うので、今は舞台の大きいスクリーンで飛鳥さんの小さい小さいお顔をじっくり堪能していただけたら」とだけ語り、プロジェクトの今後の展開へ期待感を煽った。

初日を翌日に控え、久保は「皆さんの期待をいい意味で裏切れる舞台になっていると思う」と自信。与田は「ひと言でいうと今回の舞台は泣ける舞台になっています。怖さだけでなく、友情だったり、人間としての優しさだったり、逆に人間だからこその怖い部分も繊細に描かれていて、演じている私たち自身もたくさん心を動かされる部分があるので、皆さんにも感動だったり、共感だったり、もどかしい気持ちだったり、いろんな気持ちになっていただけるんじゃないかと思います」とアピールした。

「ザンビ」は11月25日(日)まで、同会場にて上演。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!