深川麻衣、最優秀新進女優賞受賞に喜び「今日を今後の励みに」<第10回TAMA映画賞授賞式>

女優の深川麻衣が第10回TAMA映画賞で最優秀新進女優賞を受賞し、17日、東京・多摩市で行われた授賞式に出席した。


深川は“恋愛こじらせ女子”の主人公・市井ふみを演じた映画初主演作『パンとバスと2度目のハツコイ』での演技が評価されての受賞。

深川麻衣
最優秀新進女優賞を受賞した深川麻衣
鮮やかなブルーのドレスで登壇し、賞状とトロフィー、花束、副賞のオルゴールを受け取った深川は「素敵な賞をいただき、本当にありがとうございます。私にとって初めて、ずっと憧れだった映画の世界に飛び込ませていただいた作品で、初めて主演を務めさせていただいた作品。自分にとってすごくすごく大切で思い入れのある作品で受賞させていただくことに、信じられないくらいうれしい気持ちでいっぱいです。この作品を通して出会った今泉監督をはじめ、スタッフの皆さん、出演者の皆さんや、関わってくださった全ての皆さんにまずは感謝を伝えたいです」と受賞の喜びを語った。

表彰状には、「1人で生きる時間を尊ぶ姿を、身に備わった奥ゆかしさで表し、繊細な表現を加えて、ぬくもりを与えた」と記されており、演じた市井ふみというキャラクターと自身について聞かれると、「原作がなくて、今泉監督がオリジナルで脚本を書かれているんですけど、静岡出身だったり美術をやっていたというのは、実際の私に寄せて書いてくださった部分もあったので、共感するところもたくさんあってとても演じやすかったです」と撮影当時を回顧。
最後には「今日のこの日を今後の励みにさせていただきながら、来年も今まで以上にもっともっと成長できるように頑張っていきます」と、力強く今後の抱負を述べた。

『パンとバスと2度目のハツコイ』からは、メガホンをとった今泉力哉監督が最優秀新進監督賞を受賞。また、もう1人の最優秀新進女優賞に選出された伊藤沙莉の対象作品にも同作が含まれた。

今泉監督の授賞時に再びステージの中央に呼び込まれた深川は、「監督の頭の中で出来上がったものを撮るというよりは、撮るギリギリまで私たちにも相談してくださったりとか、みんなで作っていったという感覚」と現場を振り返り、今泉監督は「全てが自分の頭の中にあってそれを演じてもらうというよりは、役者さんがもっと面白いアイデアを出す可能性を閉ざさないようにとか、自分が思っている以上に面白いことが起きる可能性を楽しみたいので、みんなで考えたり、そういうことを一緒に面白がってくれる人たちだったので、豊かな映画になった」と実感を込めた。

深川は今泉監督の新作『愛がなんだ』にも出演。「テーマがすごく大きなテーマなんですけど、見終わった後にタイトルの意味を考えるとすごく切なくなるような作品で、今泉監督は恋愛映画をたくさん撮られているんですけど、いろんな人の角度からいろんな人への思いを丁寧に描いているので、是非観に来ていただけたらうれしいです」と紹介した。

TAMA映画賞は、毎年秋に東京・多摩市で開催される映画祭「映画祭TAMA CINEMA FORUM」に設けられた映画賞。多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する。
第10回TAMA映画賞は、2017年10月から2018年9月に劇場公開された作品を対象に選考され、最優秀作品賞は是枝裕和監督の『万引き家族』と濱口竜介監督の『寝ても覚めても』が受賞。最優秀男優賞は東出昌大と松坂桃李、最優秀女優賞には安藤サクラと松岡茉優が選ばれた。

第10回TAMA映画賞 受賞作品・受賞者

■最優秀作品賞
『万引き家族』 (是枝裕和監督、及びスタッフ・キャスト一同)
『寝ても覚めても』(濱口竜介監督、及びスタッフ・キャスト一同)
■特別賞
沖田修一監督、及び山﨑努・樹木希林はじめスタッフ・キャスト一同(『モリのいる場所』)
上田慎一郎監督、及びスタッフ・キャスト一同(『カメラを止めるな!』)
■最優秀男優賞
東出昌大(『寝ても覚めても』『菊とギロチン』『OVER DRIVE』ほか)
松坂桃李(『孤狼の血』『娼年』『不能犯』ほか)
■最優秀女優賞
安藤サクラ(『万引き家族』『DESTINY 鎌倉ものがたり』)
松岡茉優(『勝手にふるえてろ』『万引き家族』『ちはやふる -結び-』ほか)
■最優秀新進監督賞
今泉力哉監督(『パンとバスと2度目のハツコイ』)
三宅唱監督(『きみの鳥はうたえる』)
■最優秀新進男優賞
吉村界人(『モリのいる場所』『悪魔』ほか)
吉沢亮(『リバーズ・エッジ』『猫は抱くもの』ほか)
■最優秀新進女優賞
深川麻衣(『パンとバスと2度目のハツコイ』)
伊藤沙莉(『榎田貿易堂』『パンとバスの2度目のハツコイ』ほか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!