西野カナ、ベスト盤発売日にUSJでサプライズライブ 歓声浴びる

USJでサプライズライブを行った西野カナ

デビュー10周年を記念したベストアルバム「Love Collection 2 〜pink〜」「Love Collection 2 〜mint〜」を21日にリリースした歌手の西野カナが同日、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに登場し、サプライズライブを行った。


クリスマス・ライブショー「天使のくれた奇跡Ⅲ〜The Voice of an Angel〜」開催後、幸せの余韻に浸るゲストに、西野カナの登場がアナウンスされると、会場からはどよめきの声が上がった。アナウンスから間もなく西野カナが登場。驚きと喜びの大歓声の中、『もしも運命の人がいるのなら』を披露。さらに「今日はこんな素敵なツリーの前で歌わせていただけて嬉しいです!」とコメントし、最新シングル『Bedtime Story』と大ヒットシングル『トリセツ』を披露した。
西野のサプライズライブは昨年に続き2回目となるが、今年はクリスマスツリーが西野のベストアルバムのテーマカラーであるピンクとミントに染まり、西野の歌声に寄り添うようにシンクロし、昨年に増して一体感のあるドラマチックなステージとなった。

USJのクリスマス・ライブショー「天使のくれた奇跡」は2008年からおよそ300万人を魅了し、今年は10周年でフィナーレを迎える。同じくデビュー10周年の西野は「私と同い年ですもんね。ショーが今年で終了ということはとても寂しいですが、ラストイヤーに歌わせていただくことができて嬉しかったです」とコメント。ツリーについては「ベストアルバムのピンクとミントのカラーにしていただいてありがとうございます!歌いながら見させていただいていたんですけど、とってもキレイでした。今年もまたこうしてツリーの前で歌わせていただけて嬉しいです!」と喜びを露わにした。

SNS上では「ユニバに西野カナ!!!!やばい生歌聴ける!!」「まさかユニバで西野カナの生歌聴けるなんて思わんかった 運良すぎる、幸せすぎる」「ユニバで西野カナの生歌聞けた鳥肌すぎて感動!!」など、サプライズライブに歓喜の声が溢れた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!