乃木坂46・齋藤飛鳥、「ザンビ」プロジェクト第2弾で連続ドラマ初主演

乃木坂46の齋藤飛鳥が「ザンビ」プロジェクト第2弾となる連続ドラマで主演を務めることがわかった。


連ドラ初主演が明らかとなった齋藤飛鳥
連ドラ初主演が明らかとなった齋藤飛鳥
未だ全貌が謎に包まれている「ザンビ」プロジェクトでは、第1弾として乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初共演する舞台を11月16日から25日までTOKYO DOME CITY HALLにて上演。
その千秋楽にて、プロジェクトの第2弾である連続ドラマ化が発表された。
主演を務める齋藤飛鳥は、これが連続ドラマ初主演となる。

ドラマは2019年1月より日本テレビにて放送。舞台でも表現された新感覚のサスペンス要素は残しつつも、仲間との友情や絆などを描くヒューマン学園ドラマになるという。
その他のキャストなどドラマの詳細は今後順次発表される。

あわせて、プロジェクト第3弾として、スマートフォン向けアプリゲーム 「乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌(レクイエム)~」の制作も発表された。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!