櫻井翔&広瀬すず、「紅白歌合戦」司会に意気込み 楽しみにしているアーティストは?

広瀬すず、内村光良、櫻井翔(左から)

12月31の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』で司会を務める内村光良、広瀬すず、櫻井翔が26日、東京・渋谷のNHK放送センターで開かれた取材会に出席した。


昨年に続いて総合司会を担当する内村が「2回はないと思っていたので驚いています。去年はフレッシュさだけで乗り切ったという感じ。今回はそうはいかないので、2年目というのは大変だなと思っております。鮮度を保ちつつ頑張っていきたい」と話すと、『紅白』初司会となる紅組司会の広瀬は「逆にフレッシュさ全開で頑張れたらなと思います」と初々しく意気込む。「司会というものをやったことがないので、本当に未知の世界なのですが、皆さんに迷惑をかけないように、まずは楽しめたらいいなというのが今の一番の思いです」と緊張感を漂わせた。
嵐として2010年から2014年までの5年間、白組司会を経験している櫻井は「過去に嵐として司会を務めさせていただいたのもありますし、なにより身近に心強い先輩がいる。第67回、第68回の相葉(雅紀)、二宮(和也)という先輩がおりますので、彼らに教えを乞いながら務めあげていきたい」とコメント。嵐が歌手として初出場した2009年を振り返って、当時白組司会の中居正広が舞台袖で見守ってくれていたことを明かし、「司会の方が横で支えてくれる心強さを痛感したので、今回もうちの事務所から初出場の歌手もいますし、多くのアーティストの皆様を支えられるように務めあげていきたい」と語った。

広瀬すず、内村光良、櫻井翔(左から)
広瀬すず、内村光良、櫻井翔(左から)
広瀬と櫻井は今年公開された映画『ラプラスの魔女』で共演。広瀬は「櫻井さんとは映画で共演させていただいていたので心強い。『何かあれば遠慮なく言ってね』と言ってくださったので、安心している」と信頼を寄せる。
内村は「僕も最近『ラプラスの魔女』を見て、“いけるな”と思いました」と笑いをとりつつ、アドバイスを求められると、「去年、私が体験したことでいうと、リハと本番全然違うよ。あの番組は化物だ」と話して広瀬を戦々恐々とさせていた。

今年は紅組21組、白組21組の合わせて42組と特別企画1組が出演。広瀬は「最近はあいみょんさんをずっと聞いていたのでうれしい。楽しみにしています」と、あいみょんの初出場を喜び、櫻井は「初出場のKing & Princeのフレッシュなパフォーマンス。この大舞台でどういうパフォーマンスをしてくれるのかが、1つの楽しみです。あとは2.5次元と言われる刀剣男士の皆さん。パフォーマンスをどう見せてくれるのか、司会の私も全体像が見えていないので、すごく楽しみにしています」と企画コーナーに出演する刀剣男士にも期待を寄せた。

また、司会の2人について聞かれた内村は「櫻井くんは、アイドルでありながらインテリジェンス溢れる方で、他局でも歌番組やってらっしゃいますので、ここは放っておこうと思います」と笑いを誘う。「その分、すずちゃんにたくさんサポートやケアをしていきたい」といい、広瀬の方を向いて「本番中、私ほとんどこっち側を向いてます」と、おどけた。
広瀬は「私が足を引っ張らなければきっと大丈夫だろうというくらい、お二人とも大先輩ですので、全力でついていきたい」と力を込めた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!