乃木坂46・白石麻衣、子どもたちに囲まれる至福の時間を堪能 最後に涙も・・・

©「NOGIBINGO!10」製作委員会

毎回1人の乃木坂46メンバーを“わがままセンター”として「普段はガマンしているやりたい事」を実現する『NOGIBINGO!10』(日本テレビ・火曜1:29〜1:59)。12月4日(火)放送の第9回では“わがままセンター”に白石麻衣を迎える。


白石が今回やりたいことは「子どもをガマンしない!」。高校時代は保育士になるのが夢だったほど子どもが大好きな白石だけに、普段あまり接する機会のない子どもたちと「一緒に遊びたい!」と切望する。
ロケを盛り上げる“盛りあガール”として大園桃子、斉藤優里、向井葉月が同行。イジリーのボケコメントにしっかり返す後輩たちの姿に、白石が「立派に成長してうれしい」と目を細める場面も。

『NOGIBINGO!10』では、ロケ中は“ニックネームで互いを呼び合う”というルール。子どもたちが呼びやすいということも考えて、白石が「まいにゃん」、大園が「ももたろう」、斉藤が「ゆうりす」、向井が「ばーばー」に決定した。

保育園にお邪魔した4人は、まず0歳児のクラスへ。おもちゃで遊ぶヨチヨチ歩きの赤ちゃんたちに、4人はメロメロ。「かわいい!」「かわいすぎて苦しい……」と悶絶してしまう。一緒におもちゃで遊ぶほか、泣き出す赤ちゃんを斉藤が上手に抱っこであやしたり、白石が「いないいないばー」をやってみたりと、普段見ることができない母性あふれる4人の表情は必見だ。
続いて5歳児のクラスに行ってみると、打って変わってパワー全開、元気いっぱいの子どもたち。自由時間では、こぞって話しかけてくる子どもたちの中に「歌って!」というリクエストも。そして、おなじみ“ジョーカード”で選ばれた2名は、子どもたちのリクエストでお絵かきに挑戦。園庭では、“しっぽ取り”という追いかけっこで遊んだりと、子どもたちに囲まれる幸せに白石は終始笑顔。

給食の時間は大騒ぎ。 「ここに座って!」とメンバーの取り合いや、「まいにゃん」コールが沸き起こる。その後の歯磨きタイムでは、「メンバーの歯を磨いたことがある」という白石が仕上げを担当。白石に歯磨きをしてもらいたい子どもたちの行列ができる。そんな楽しい時間はあっという間に終了。メンバーたちがお別れの挨拶をしようとすると、サプライズで子どもたちからのプレゼントが。これに白石が「最近涙腺弱くて」と思わず涙……。

ロケを終えた白石は「朝からずっと楽しかったですし、ほんとに子どもたちとの距離も縮まった1日だったので、まだ終わってほしくないなって気持ちでいっぱいです。寂しいですね。私、最近はすぐ泣くようになってしまって(笑)、子どもたちからのサプライズが素直にうれしかったです」と、至福の時間を振り返った。

放送終了後、Huluでは見逃し配信とオリジナル番組「白石麻衣ちゃんねる」を配信。

©「NOGIBINGO!10」製作委員会

白石麻衣コメント

朝からずっと楽しかったですし、ほんとに子どもたちとの距離も縮まった1日だったので、まだ終わってほしくないなって気持ちでいっぱいです。寂しいですね。私、最近はすぐ泣くようになってしまって(笑)、子どもたちからのサプライズが素直にうれしかったです。
これまでの「NOGIBINGO!10」も見てました。オールロケって初めてなので、それぞれの個性がいっぱいあふれていて、今までとは違った面白さもあって。タメ口ルールも、そんなに先輩後輩関係なく、いつも通りという感覚でした。桃子と葉月も子どもが好きって知っていたので、一緒に時間を共有して楽しくできたのがうれしかったですね。
今回は、今までのわがままセンターとはまた違った、ちっちゃい子どもたちと楽しんでる姿や、それぞれ子どもに対する気持ちがたくさん出ている回になっていると思います。どこを見ても笑顔になれると思うので、ファンの方だけでなく、いろんな人に見ていただいて、幸せな気持ちになってもらえたらと思います。

大園桃子コメント

子どもたちみんなかわいかったんですけど、最初にあんまり心を開いてくれてなかった子が、最後には近くに寄って来てくれたのは、すごくうれしかったです。いつのまにかサプライズを用意してプレゼントしてくれたことも本当にうれしくて。子どもたちにずっと話しかけすぎて、先輩たちとはあまりタメ口でしゃべれなかった気がしてます(笑)。

斉藤優里コメント

給食を食べる前に子どもたちが「ここに座ってー」って自分の隣に来てほしいって言ってる姿とかを見ると、そのすごく素直に求めてくれる感じが胸にグッと来て、本当にうれしかったです。桃子と葉月とは先輩後輩関係なしに一緒にワイワイできたのもよかったです。これも子どもたちのパワーかなと。

向井葉月コメント

0歳児を抱く不安もあったんですけど、儚げでとても柔らかくて、赤ちゃんならではのミルクのような匂いに幸せな気分になりました。あんなパワフルな5歳児と触れ合ったのは不思議な気分でした。先輩たちとは普段しゃべる機会が少ないので、今日は一緒になれたのがすごくうれしくて、話しかけやすくて、私の話も聞いてくれて、とても楽しかったです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!