白濱亜嵐&数原龍友が明かすGENERATIONSのライブ前の光景にE-girls藤井夏恋&須田アンナ驚き

EXSUPPLI新商品発表会

GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐と数原龍友、E-girlsの藤井夏恋と須田アンナが29日、都内で行われた「EXSUPPLI新商品発表会」に登場した。


ライブパフォーマンスのために日々トレーニングに励んでいるEXILE TRIBEの面々。藤井が「ライブの本番直前にみんなで円になって、足をバタバタさせて心拍数をあげるやつを毎回やる」と話すと、EXILEとGENERATIONSを兼任している白濱が「グループによってライブ前の上げ方って全然違う」と語る。白濱が「GENEは何人かノーストレッチでいく」と明かせば、数原が「直前まで通販サイト見てる人とかいる」と続けて、藤井と須田を驚かせた。
白濱はライブ前の様子について、「僕がアップルームに行くとメンディーくんと(片寄)涼太がいて、龍友くんは声出ししてて、あと直前にやるメンバーもいて、みんなバラバラ。EXILEはアップを、1便、2便、3便と3便くらいに分けてガツンと上げていく」とグループごとの違いを強調。須田も「E-girlsは揃ってやるけど、Happinessは結構それぞれだったりする」と明かしていた。

和気あいあいとトークを繰り広げた4人
和気あいあいとトークを繰り広げた4人
2018年も残すところ1ヶ月あまり。今年1年を振り返って、須田は「E-girlsは11人体制になって初めてのアリーナツアーがあって、その最終日はメンバー全員が大号泣して、ステージ上であんなに涙を流したことないんじゃないかっていうくらい感動した瞬間がありました。ライブを通してファンの皆さんとコミュニケーションをとれたり、自分たちにはこんなにたくさんの味方がいるんだなって感じられたり、メンバーのリスペクトできるところを再確認できたりとか、チームワークも感じられたライブだった」と印象深いライブを回顧。
藤井も「ファンの皆さんのパワーってすごいなって改めて感じた。11人で初のアリーナツアーを成功できたのも、ファンの皆さんがいるからこそだし、感謝の気持ちでいっぱいの1年になった」と、しみじみ。
数原は「今年はGENERATIONSとして念願だったドームツアーも行うことができましたし、来年の話を少しずつ打ち合わせなどをしているんですけど、自分たち自身がワクワクしてしょうがない年になりそう」と来年のさらなる飛躍を匂わせる。
白濱は「初のドームのステージに立つことができて、ここまでやってきてよかったなと思いました。ドームのステージに立つことによって新たな目標も見えてきたので、今後も7人で夢を叶えていきたいなと思った1年だった。今年はEXILEも3年ぶりに復活したので、僕個人的にはGENERATIONSでもEXILEでもドームのステージに立てているありがたみを感じる1年でしたね」と充実の2018年を振り返った。

やり残したことを聞かれると、数原が「GENERATIONSでいつも年末に誰かの家でクリスマスパーティーをやるんですけど、まだ今年の計画を練れていない」と明かす。「今までは買い出し組と調理組で分けてたんですけど、去年あたりから調理がめんどくさくなっちゃって、各々買ったものを持ってくるスタイルになった。そしたらビックリするくらいお酒が集まって……開始1時間で寝てたよね?」と白濱の顔を見ると、白濱は「寝てた。朝起きたら誰もいないと思ったんですけど、(小森)隼が僕の使っていない部屋の押入れで寝てました」と苦笑いを浮かべていた。

今回、LDH JAPANとLDH martial artsによる、音楽とサプリメントでココロとカラダを元気にする共同プロジェクト「エナジープロジェクト」が始動し、LDH martial artsが、効果だけでなく見た目にもエンタテインメント性を追求したサプリメント「EX SUPPLI BLOCK」と「EX SUPPLI PARTY」を新発売。GENERATIONS from EXILE TRIBEが新曲『G-ENERGY』を、E-girlsが新曲『EG-ENERGY』を、それぞれ12月19日(水)にリリースし、両グループから会見に出席した4人が新商品のイメージモデルを務める。

藤井は「このプロジェクトを機に、私も1人の女性としてこのサプリを飲んで試してみたい。きっと世の中の女性のサポートとなるサプリだと思うので、たくさんの方にこのサプリを飲んでいただけるように広めていきたい」とコメント。
数原は同プロジェクトについて「LDHとしても新たな取り組みとなっていますし、すごく挑戦だなと思っています。こうしてフィットネス業界や格闘技業界にLDHが進出していくことで、LDHの持つエンターテイメントをいろいろな角度からお届けできるのかなと思っています。是非、この新しいプロジェクトに注目していただいて、LDHのエンターテイメントを様々な角度から体感していただければ」とアピールした。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!