唐田えりか、映画賞初受賞に感涙「ここにいることが奇跡」

第42回山路ふみ子映画賞で山路ふみ子新人女優賞を受賞した唐田えりか

映画『寝ても覚めても』でヒロインを演じた女優の唐田えりかが、第42回山路ふみ子映画賞で新人女優賞を受賞し、30日(金)に都内で行われた贈呈式に出席した。


唐田にとって映画賞の受賞は今回が初めて。新人賞受賞にあたり「映画『寝ても覚めても』で、二 人の男性の間で揺れ動くヒロイン朝子を透明感のある佇まいで好演し、今後のさらなる飛躍への期待をこめて」という映画賞側からの公表に、花束をもらいマイクの前に立った唐田の目にはすでに涙が。第一声につまるほど、胸いっぱいの様子。「このような歴史ある賞を頂き本当に嬉しいです、でも、私はこの賞を頂くにはまだ本当に無力で、毎日が経験、とても尊い日々を過ごしています」とスピーチ。さらに「『寝ても覚めても』が大好きで、大ファンです。ここにいる濱口監督始め、キャストのみんな、スタッフの方、家族、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。今ここにいることが奇跡のよう。この賞に相応しい女優になります」と周囲への感謝を述べながら、思いを新たにした。
また、「お芝居が嫌いだった私は『寝ても覚めても』で濱口監督に出会ってお芝居を学びました。今もまだ楽しいと思える瞬間は少ないですが、そう思えるよう頑張りたいと前向きになりました。瞬間瞬間に嘘のない女優になって、たくさんの人に映画を観て頂きたい、と今思いました」と力強く語った。

山路ふみ子映画賞は、映画人の育成、功績を称える目的で、女優の故・山路ふみ子さんが遺した、「親子で安心して見られ、人 間味のある作品を何よりも基本に置いていただきたい」という言葉を踏まえ選考されている映画賞。唐田の新人女優賞受賞作となった『寝ても覚めても』は、作品賞にあたる山路ふみ子映画賞も受賞した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!