稲垣吾郎&香取慎吾&草なぎ剛が表紙の「新春すてきな奥さん」緊急重版

稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の3人が表紙を飾った『新春すてきな奥さん 2019年版』(主婦と生活社)の緊急重版が決定した。


本誌は主婦と生活社が年末・年始をまたいで発売している『新春すてきな奥さん』の2019年版として、11月21日(水)に発売。初日から完売する書店が続出し、8日目にして1万部の緊急重版が決定した。豪華付録つきの臨時増刊号が在庫切れで増刷するのは、同社初だという。

「新春すてきな奥さん2019年版」(主婦と生活社)
「新春すてきな奥さん 2019年版」表紙(主婦と生活社)
ファンの購入意欲を刺激したのは、発売の3日前に放送されたラジオ番組内での香取と草なぎのトーク。
香取が唐突に「『新春すてきな奥さん』の表紙を飾っている2人と稲垣吾郎さんですが(中略)、草なぎさんがちょっと目をつぶっちゃったんです…」と発言。これに草なぎは「表紙でですか? そんな訳ないでしょ!?」と笑って返したが、実際はどうなのか?と、たまらず店頭やネット予約に走ったファンが続出した。

3人が和装で表紙に登場した本誌は、創刊25号目にして「男性初」「複数人で初」「ポスターつきも初」と“初尽くし”の一冊。
「新しい挑戦を続ける3人のゆく年、くる年」と題した7000文字を超すロングインタビューから読み取れるのは、互いをリスペクトしてさらに深まる絆、それぞれの活動にかける強い思い。ここでしか読めない深みのある記事と、ファン待望の3ショット両面ポスターの魅力が、驚異の実売率を牽引している。

同誌ではその他、ソロデビューを果たし、9年ぶりの日本本格活動中の 韓流スター・ジェジュンの「お帰り!ジェジュン」企画や、暮らしに役立つお得情報、迎春企画、そして家計簿やスケジュール手帳といった豪華4大付録など、充実の内容となっており、首都圏や関西圏での店 頭即売キャンペーンでも大好評のうちに完売。書店店頭在庫切れや、ネット書店でのカート落ち、配送待ちの状態を受け、主婦と生活社が重版対応に至った。
読者ニーズに応えての重版分は、12月10日以降、店頭に並ぶ予定。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体その下に刀


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!