浜辺美波、クリスマスプレゼントに「新しいフライパンが欲しい」と期待も…サンタは「最近、不定期」

銀座コージーコーナー「夢のクリスマスケーキコンテスト2018」

女優の浜辺美波が2日、都内で行われた銀座コージーコーナーの「夢のクリスマスケーキコンテスト2018」グランプリ受賞作品発表イベントに出席した。


クリスマスプレゼントの思い出を聞かれた浜辺は、「UNOとかもらってましたね。戻れるなら他のものを頼んでおけと言いたい」と苦笑い。「お手紙を書いて靴下に入れておいたら枕元に置いてくれるっていう仕組みでサンタクロースとやり取りをしているので、今年も楽しみですね。高校3年生ですけど」と、まだまだサンタクロースに甘えたい様子。
今年はサンタは来そうかと聞かれると、「最近、不定期なんですよ」と明かして報道陣を笑わせつつ、「1年ごとくらいに来るか来ないか。今年は来そうな予感がしますね」と瞳を輝かせた。今年は「新しいフライパンが欲しいです」と願いを込めるも、クリスマス当日は仕事のため東京にいる可能性が高いようで、「サンタさん来れないのでは?」という記者の問いかけに、「そうですね。お正月に実家に帰ったときにでも」と答えて再び周囲を笑わせた。

今年はドラマや映画、CMなどに多数出演。「家族にもうれしい報告がたくさんできた年だったなと思うので、すごくいい1年でした」と2018年を回顧。現在高校3年生だが、卒業後は「進学はせずに、就職という形でこの業界にずっといられるように、1本に絞りたい」と女優業に専念していくことを明かしていた。

同コンテストは、“こんなクリスマスケーキがあったらいいな”というイラストを全国の子どもたちから募集し、見事グランプリを受賞した作品を、夢のクリスマスケーキとして実際につくりあげ、子どもたちにプレゼントするというプロジェクト。今年度は全国から史上最多となる22,016通の応募があり、一般投票を含む厳正な審査を経て、グランプリは宮坂由香さん(9)の「オリジナルクリスマスチキンケーキ」に決定。今年は、惜しくもグランプリを逃したものの、特に審査員たちから注目を集めた話題の2作品も、本物のケーキにして子ど も達にプレゼントされた。

浜辺はプレゼンターとして、パティシエールの衣装に身を包んで参加。イベントを振り返り、「子どもたちの発想の豊かさを感じました」と目を丸くし、「想像力が豊かな方ではないので、子どもたちの夢の詰まった絵と、それを再現したケーキを見て喜ぶ子供たちの顔が見られて、私までうれしくなった」と笑顔を見せていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!