亀梨和也、シリアスな主演ドラマでオーラ封印 役作りで「トリートメントやめた」

佐藤隆太、亀梨和也、本田翼

アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也が5日、東京・港区のテレビ東京本社で開かれたドラマスペシャル『手紙』の記者会見に、佐藤隆太、本田翼とともに出席した。


ドラマは、東野圭吾の同名小説を原作とし、犯罪加害者の弟となってしまった主人公が、周囲の差別や偏見に苦しみながらもやがて自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わされる兄弟の手紙を通して、丁寧に描いていく。

主人公・武島直貴を演じた亀梨は本作がテレビ東京のドラマ初出演にして初主演。「作品の持つメッセージ性、また今回のドラマ化にあたってどういった形でこのテーマを打ち出していくのかという作品の方向性に、しっかり自分がリンクしていけるように意識しながら、監督、プロデューサーたちとコミュニケーションをとりながらの撮影でした」と語る。
「強盗殺人犯の弟」というレッテルに苦しむ青年を演じるにあたり、監督やプロデューサーからも「シャープさをできるだけ排除したい」とリクエストされ、普段の華やかなオーラを封印。日常生活でも「髪だけ洗ってトリートメントつけるのやめてみるとか」と地道な役作りを明かすと、隣の佐藤は爆笑しながら「わかるな。そういうことやるよね!」と共感。
亀梨は「そういう自分の普段潤っている部分というのは閉じれたらいいなと思って。表に出る仕事なので、(普段は)目が充血していたら目薬を注してもらったりするんですけど、(注さずに)活かしておこうとか。何か普段と違うルーティンを持ってみたりしました」と振り返った。

本田、佐藤とはそれぞれ初共演。
直貴を支え続け、のちに妻となる白石由実子役を演じた本田について「はじめましてだったんですけど、スッといきましたね」と亀梨が話せば、本田も「夫婦に違和感がなかった」とうなずく。後半には重いシーンの撮影もあったが、「いい形でその重さに立ち向かう同士として存在してくださったので、ありがたかった」と本田に感謝した。
一方、直貴の兄で強盗殺人犯の武島剛司役の佐藤とは共演シーンが物語の終盤までなく、佐藤は「“激重”のシーンしかご一緒してない」と苦笑い。亀梨が「なかなか仲良く喋っていけるシーンでもなかったので、遠くから『お兄ちゃん、お兄ちゃん』っていいながら感情を作っていきました」と振り返れば、佐藤も「最後の最後、終わった時にやっと話せた。それまでは挨拶くらい」と明かす。
お互いに野球好きという共通点があるものの、亀梨は「野球の話もできたらと思っていたんですけど、野球の『や』の字も出てこなかった」と緊張感漂う現場の雰囲気を明かしていた。

また、これまでに自分が実際にもらった手紙で特に印象に残っているものを聞かれた亀梨は、「けっこう手紙をいただくシチュエーションってありまして、なかなかこういう場で言えるものから言えないものまである」と不敵な笑みを浮かべつつ、「今回もそうなんですけど、子役の子たちと共演する機会がこれまでも何度かありまして、いつも撮影終わった後とかにお手紙をくださるんです。しっかり全部とってありますね」と話した。
会見の最後には、「普段生きている中で、どこか麻痺している部分、ぼやけている部分が、この作品を見ていただくことによって、改めて『クリアに見てみよう』と感じていただけるものがあるんじゃないかな」と作品への思いを語った。

本作には会見に出席した3人のほか、広瀬アリス、中村倫也、高橋努らが出演。
ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』は、12月19日(水)よる9時より、テレビ東京系にて放送。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!