神木隆之介が浜辺美波&中村倫也のワトソンに 話題のミリテリーを映画化

『屍人荘の殺人』キャスト

神木隆之介、浜辺美波、中村倫也が2019年に実写映画化される『屍人荘の殺人』に出演することが明らかとなった。


原作の同名小説は「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」と、2017年国内主要ミステリーランキングの1位を獲得、その後「第18回本格ミステリ大賞」も受賞し、東野圭吾「容疑者Xの献身」以来の、そしてデビュー作としては史上初の4冠を達成した話題作。

ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲と、ミステリー愛好会・会長の明智恭介は、謎の女子大生探偵・剣崎比留子に誘われ、音楽フェス研究会の夏合宿に参加。しかし、フェス会場で想像しえなかった事態に遭遇する。なんとか宿泊していた山奥のペンションに逃げ込むが、そこで連続殺人の幕が開ける。

数々の映画で主演を務めてきた実力派俳優の神木隆之介が、ミステリー愛好会に所属し、強引な“探偵たち”に翻弄される大学生・葉村譲役で主演。さながらワトソンのごとく探偵の助手として立ち回り、前代未聞・絶体絶命の状況に立ち向かう。
そして今やひっぱりだこの人気女優へと成長した浜辺美波が、卓越した推理力で警察からも信頼され、主人公たちを前代未聞の謎へと誘う女子大生探偵役・剣崎比留子を演じ、人気急上昇中のカメレオン俳優・中村倫也が、主人公たちが通う神紅大学の中で“神紅のホームズ”の異名をとり、神木演じる葉村を振り回すミステリー愛好会の会長・明智恭介を演じる。

主演の神木は「大ヒットミステリー原作の映画化ということで、プレッシャーはとても大きいですが、それよりも、どのように映像化していくのだろうという楽しみの方が大きいです。緊張していますが、良い作品をお届け出来るよう、精一杯頑張ります」と意気込み。
もともと原作を読んでいたという浜辺は「探偵役は初めてのチャレンジですが、ミステリー小説好きとしてずっと憧れていた役なので、とても嬉しい気持ちと身の引き締まる思いを感じています」と出演を喜び、神木、浜辺と共演経験のある中村は「2人は真面目なので、最上級の準備をしてくることでしょう。僕も負けじと刺激を与えられるように、頑張りたいと思います」とコメントしている。

監督はドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』シリーズをはじめ、『劇場版 ATARU』『警部補 矢部謙三』シリーズを手掛けた木村ひさし監督。脚本は、『TRICK』シリーズをはじめ、ドラマ『MR.BRAIN』『金田一少年の事件簿』シリーズと、推理もの脚本に定評のある蒔田光治氏が手がける。

映画『屍人荘の殺人』は、2019年1月から2月にかけて撮影を行い、同年公開予定。

神木隆之介 コメント

大ヒットミステリー原作の映画化ということで、プレッシャーはとても大きいですが、それよりも、どのように映像化していくのだろうという楽しみの方が大きいです。
木村監督とは3年振りにご一緒させて頂きます。
久しぶりに木村組の一員として芝居が出来ること、大変嬉しく思っています。
浜辺さんとは、初めて共演させていただきますが、今からとても楽しみです。
中村さんは2度目の共演になりますが、今回はがっつりご一緒出来ますし、安心して臨みたいと思います。
緊張していますが、良い作品をお届け出来るよう、精一杯頑張ります。

浜辺美波 コメント

出演のお話を頂く前から原作を読んでいて、大好きな作品だったので、まさか自分が出演することになるとはと、とてもご縁を感じ、その世界に入れることへの喜びで今から胸がワクワクしています!
探偵役は初めてのチャレンジですが、ミステリー小説好きとしてずっと憧れていた役なので、とても嬉しい気持ちと身の引き締まる思いを感じています。
神木さんとは初めてご一緒するので今からとても楽しみですし、中村さんのきめ細かいお芝居を今回もたくさん学び吸収できたらいいなと思っています。

中村倫也 コメント

小学生時代から「完全犯罪は成立するのか?」などと1人で妄想にふけっていた僕にとって、明智恭介という男はどこか親近感のある、魅力的な人物です。
自分の「枝分かれした別の未来」なつもりで、しっかりと軽やかに演じられればと思います。
また過去に共演させていただきその才能と人柄に大きく惹きつけられた神木くんと浜辺さんと、またご一緒できることが楽しみで仕方ありません。2人は真面目なので、最上級の準備をしてくることでしょう。
僕も負けじと刺激を与えられるように、頑張りたいと思います。

木村ひさし監督 コメント

かんばんは。木村ひさしです
「犯人は誰なのか」
僕は普段、ミステリー作品を演出する時には、最後までお客様がそう思える様に考え撮影しています。
原作を頂いた時に思った事は、この作品はそれらには当てはまらないかもしれないという事。「屍人荘の殺人」で考えるべき事は「犯人は誰なのか」ではなく「犯人は何者なのか」。この作品が完成した時に、それが達成出来ていたら、この作品は間違いなく、僕の代表作になると思っています。神木さん、浜辺さん、中村さん。そして、スタッフと共に「犯人は何者なのか」、追求していきたいと思います。

※冒頭の「かんばんは。」は誤字ではなく、『99.9 -刑事専門弁護士-』でも使用されたダジャレの一つ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!