「映画 賭ケグルイ」特報映像解禁 OP曲「一か八か」をPassCodeが歌う

PassCode

2019年5月に全国公開される『映画 賭ケグルイ』の特報映像が解禁された。


本作は月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の同名漫画を原作とし、2018年1月に実写ドラマ化、2019年春に『賭ケグルイ season2』としてMBS/TBS ドラマイズム枠で放送が決定している実写「賭ケグルイ」シリーズの劇場版。

映像では、百花王学園を舞台に、そこで君臨する生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)と、多くの生徒に一人逆行し、堂々と観客に向かって歩くJKギャンブラー蛇喰夢子(浜辺美波)、そして、「服従」「富と名声」「人間と家畜」といったテロップと共に感情が爆発し、驚愕の表情を見せる鈴井涼太(高杉真宙)、ハイテンションでギャンブルに興じる早乙女芽亜里(森川葵)などが次々と映し出されていく。

そして、ドラマSeason1でRe:versedが歌ったオープニングテーマ「一か八か」を映画でもオープニングテーマに採用。大型ロックフェスに出演するなど国内外から注目を集める4人組ユニット、PassCodeが歌うことがわかった。
PassCodeの南菜生は、「PassCodeらしい攻撃的な『一か八か』になったと思います。物語の臨場感や興奮を掻き立てるお手伝いが出来たら嬉しいです」とコメントを寄せている。

PassCode 南菜生 コメント

今回、「賭ケグルイ season2」「映画 賭ケグルイ」で私達PassCodeがオープニングテーマ「一か八か」を担当させて頂くことが決定しました。season1でRe:versedさんが歌っていた「一か八か」を歌わせて頂くという、PassCodeにとって初めての試みでしたが、PassCodeらしい攻撃的な「一か八か」になったと思います。
物語の臨場感や興奮を掻き立てるお手伝いが出来たら嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!