嵐・二宮和也、イリュージョンで登場 ドラマ共演のカトパンをイジる

加藤綾子、二宮和也、RENA(左から)

嵐の二宮和也が17日、都内で行われた「平成31年用年賀状 引受セレモニー」 に、フリーアナウンサーの加藤綾子、シュートボクサーのRENAとともに出席した。


年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐を代表してセレモニーに出席した二宮は、壇上に設置された大きな郵便ポストからイリュージョン演出で登場。
最初にポストの扉を開いた時は嵐の年賀状ポスターしか入っていなかったはずが、ポスターを取り出して扉を閉めると、中から二宮が登場するというもの。マジックを得意とする二宮だが、「ポストから誰かが出てくるマジックやったのは私も初めてですよ」と、新鮮な体験だった様子。
現在ドームツアー中の嵐は、前日も愛知・ナゴヤドームでコンサートがあったことから、日本郵便の横山邦男社長に「名古屋にいたんでしょ?」と振られると、「そうです。(扉を)開けたら名古屋から(ここへ)来てたんですよ」と、おどけてみせた。

セレモニーでは、若者にオススメの“進化系年賀状”を紹介。折るとお守りになる「御守年賀」、開くと絵やメッセージが立体的に飛び出す「立体年賀状」、押し花を使ったフラワーアート「年賀状」などが紹介されると、二宮は「まさに進化系ですよね。すごい」と感心。その中から「今年出したい年賀状」として「御守年賀」を選び、「進化系年賀状を若い世代に楽しんでいただくということと、幸せな気持ちがもっと広がってほしいという思いがこもっています」とコメント。「(年賀状に)折り方が書いてあるので誰でもできる」「1年の最初にこれが届くっていいですよね」とアピールした。

続いて、今春放送された二宮の主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で共演した加藤が「フラワーアート年賀状」を選ぶと、「若い世代もそうですけど、加藤さんみたいなおばさん世代にも……」とイジり、加藤がすかさず「ちょっと!」とツッコミ。「何なら二宮さん年上ですよ」と笑いを誘う一幕もあった。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!