「マスカレード・ホテル」完成披露試写会

刑事役の木村拓哉、共演の前田敦子と勝地涼の結婚見抜けず「この後しっかり取り調べしたい」

映画『マスカレード・ホテル』の完成披露試写会が18日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで行われ、木村拓哉、長澤まさみらキャスト16人と鈴木雅之監督が登場した。


本作には、今年7月に結婚した勝地涼と前田敦子が揃って出演。ともにホテルの宿泊客を演じた。
撮影は結婚前だったことから、勝地は「謎の宿泊客ということで、あまりネタバレはできないんですけど」と前置きし、「前田敦子さんをストーキングする役でした。ストーキングしているうちに結婚しました。ありがとうございます」と話し、壇上のキャストたちと会場の観客から万雷の拍手を浴びた。
洞察力に優れた刑事を演じた木村は「まさかストーカー役の勝地くんと前田のあっちゃんがご結婚されるとは思っていなかったので、そこは全く見抜けませんでした」と悔み、「この後しっかりと取り調べしたいと思います」と笑わせた。

豪華俳優陣が集結した本作。中には木村と共演経験のあるキャストも多く、ドラマ『HERO』で検事と検察事務官という関係を演じた小日向文世は「木村くんの元相棒の刑事という役をやらせてもらっています。木村くんとは2001年の『HERO』が初めての出会いでしたけど、それから今日に至るまでずっと、“末次事務官と久利生公平”という関係で続いていたんですけど、初めて刑事として、相棒として、ご一緒できました。僕にとっては非常に記念すべき作品になりました』と感慨ひとしお。木村も小日向について「数少ない、緊張しない先輩」と冗談っぽく語り、気心の知れた関係性をうかがわせた。

生瀬勝久は約18年前に放送された深夜バラエティ番組で共演。長澤まさみは「生瀬さんと木村さんはとても深い信頼関係があるんだなと思った」と現場での印象を述べ、「2人で楽しそうで、周りが見えてない感じだった」と報告。「そんなにイチャイチャしてたっけ?」という生瀬に「イチャイチャしてました!うれしいんだろうなって。羨ましかった」と強調するも、木村から「それはちょっと話盛りすぎ」とツッコまれていた。

映画は、東野圭吾の同名小説が原作。次々と現れる素性の知れない宿泊客を疑う刑事・新田浩介(木村)と、客を信じるホテルマン・山岸尚美(長澤)の異色のバディが、ホテルという非日常の特殊空間で巻き起こる屈指の難事件に挑む。2019年1月18日(金)より全国で公開。
完成披露試写会には他に、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、 石川恋、濱田岳、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、松たか子、石橋凌も登壇した。


関連記事