米津玄師、NHK紅白歌合戦初出場決定 徳島からの生中継でテレビ初歌唱

米津玄師(Photo:Taro Mizutani)

今年を代表するアーティストの1人、米津玄師が12月31日に放送される『第69回NHK紅白歌合戦』に出場することがわかった。


白組として出場する米津は、徳島県からの生中継で「Lemon」を歌唱する。
本来、出演する予定はなかったが、NHK側からの粘り強い交渉で「米津玄師の出身地である徳島からの生中継」という提案をもらったことで、急遽、出演する運びとなった。
これまでTVのインタビュー・VTR出演などはあったが、TVでの歌唱および生出演はこれが初となる。

歌唱する「Lemon」は、2018年の年間ランキング1位25冠を達成し、ミュージックビデオ累計再生回数は2億4000万回を超える。
昨年12月、TBSドラマ「アンナチュラル」の主題歌としてドラマ側の希望により「亡くなった人を想う曲」として制作をしている最中、米津の祖父が他界。結果として「あなたが居なくなって悲しい」という気持ちを吐露するような楽曲が完成した。
所属するレコード会社によると、祖父の他界から1年後となるこの12月の大晦日に、自身の故郷、そして祖父の生きていた土地・徳島で、この曲を歌うことの意味を感じることが出来た為、オファーを受ける結論に至ったという。

『第69回NHK紅白歌合戦』は、12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合、BS4K、BS8K、NHKラジオ第一にて放送。(※中断ニュースあり)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!