渡辺謙&ケリー・オハラ主演ミュージカル「王様と私」日本公演決定

Photo by Matthew Murphy The London Palladium Production

2015年、米ニューヨークのリンカーン・センターにてバートレット・シャー演出により上演されたリンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル『王様と私』の日本公演が決定した。


王様役を世界で活躍する渡辺謙、アンナ役を“誰もが認めるブロードウェイの女王”ケリー・オハラが演じ、オハラは圧倒的な歌唱力と演技力で同年のトニー賞ミュージカル部門の最優秀主演女優賞を受賞、渡辺は日本人で初めて最優秀主演男優賞にノミネートされ、ブロードウェイのみならず、ここ日本でも話題を呼んだ本作。
今年の6月から9月まで英ロンドン・ウエストエンドにて同じく渡辺謙、ケリー・オハラが主演。目の肥えたウエストエンドの観客にも高評価で、連日満員のスタンディングオベーションで盛り上がりを見せた。
そんなミュージカルの本場2都市で大成功を収めた本作が、クオリティそのままに千載一遇の来日を果たす。ウエストエンドの舞台セットをそのまま東京へ持ってくる、壮観で豪華なスペクタクル。唯一無二のカリスマ性とユーモア溢れる渡辺謙、ブロードウェイの頂点を誇りながらもチャーミングなケリー・オハラの競演は、日本ではもう二度と実現しないと言っても過言ではない。
オハラは「渡辺謙さんの故郷・日本で一緒に舞台に立てるなんて、これほど素敵な再会があるでしょうか。日本の文化に触れ、愛する作品に出演できることは一生に一度の機会。皆さんにお会いするのが待ちきれないです」とコメント。
渡辺も「この素晴らしいカンパニーと演出、何よりもブロードウェイの歌姫ケリー・オハラを日本の観客にご覧頂けるのが楽しみです。不朽の名作をお楽しみ下さい」と日本公演に期待を込めた。

ミュージカル『王様と私』は、2019年7月〜8月上旬、東急シアターオーブにて上演。

リンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル「王様と私」

公演日程:2019年7月〜8月上旬
会場:東急シアターオーブ
作:オスカー・ハマースタインⅡ
作曲:リチャード・ロジャース
演出:バートレット・シャー
出演:渡辺 謙、ケリー・オハラ ほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!