平成最後の紅白リハはHey! Say! JUMPでスタート 今年の漢字は“跳” <紅白リハ>

Hey! Say! JUMP

大晦日に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日の午前9時過ぎ、東京・渋谷区のNHKホールにて始まった。「平成最後となる紅白リハ」に先陣を切ったのはHey! Say! JUMPで、当日披露する「Ultra Music Power ~Hey! Say!紅白スペシャルver.~」を念入りに音合わせした。


リハーサル後、報道陣の取材に応じ、2年連続で出場できることについて有岡大貴は「平成最後なので光栄」と喜び。薮宏太は「東京ドームでもライブをしている。当たり前じゃないという気持ちで来年に向けて気を引き締めたい」と意気込んだ。

今年を表す漢字は“ジャンプ”の意味を込めて「跳」で、薮は「平成が終わってしまいますが平成を飛び越えて活躍したい」と気持ちを新たに。有岡は「グループで過ごした時間が長かった」、中島裕翔は「個人のお仕事が充実した環境にいさせてもらった。グループ全体で分厚くできた」と2018年を振り返った。

また、来年にはグループ名となっている「平成」が終わるが、有岡が「ジャニーさんがすぐ新しい年号でグループ作ったらどうしよう」と新たなグループ出現に戦々恐々。山田涼介は「今後一切、年号を(グループ名に)つけないでほしい」と懇願していた。

「NHK紅白歌合戦」は2016年から2019年の4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、様々な世代の夢を「歌の力」で応援していく。「平成最後の紅白」となる今年は紅組の司会を広瀬すず、白組司会を嵐・櫻井翔が務め、総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良、NHKの桑子真帆アナウンサーが担当する。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合、BS4K、BS8K、NHKラジオ第一にて放送。(※中断ニュースあり)。これまでの対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝、白37勝となっている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!