EXILE

EXILE、再始動後初の紅白出場 平成最後と重なり「本当に感慨深い」

EXILEが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに参加した。EXILEとして出場するのは2015年以来、3年ぶり。今年再始動した“新生EXILE”としてステージに立つ。


ボーカルのATSUSHIは「年末の締めくくりという感じ。久々に出る紅白がちょうど平成最後なのは、時代が切り替わる意味で本当に感慨深い。いつもとは違う、特別な紅白という感じ」としみじみ。TAHAHIROは「こうして豪華なアーティストのみなさんと出させてもらって緊張しますけど、精一杯楽しみたい」と語った。

復活するまでの約2年の間に海外留学をしていたATSUSHIは「筋肉がついて体が大きくなった。変わったこともありますが、日本にいるとだんだん戻ってきますね」とほほ笑みながら振り返り、「今年再始動で1からグループを作り直す感じ。新しいEXILEを模索しながら活動してきた。その締めくくりで紅白に出られるのはうれしい限り」と心境を打ち明けた。紅白では「EXILE紅白スペシャル2018」を披露する予定で、「(平成は)東日本大震災と大きな災害があった時代でもある。テレビを通じて全国のみなさんが少しでも元気になっていただければ」と話した。

また、来年に向けては「2月までツアーが続くので走りきりたい」と直近の目標を明かしつつ「それぞれのプロジェクトが多岐に渡る。エンターテイメントとして楽しみにしていただければ」とファンに呼びかけた。

「NHK紅白歌合戦」は2016年から2019年の4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、様々な世代の夢を「歌の力」で応援していく。「平成最後の紅白」となる今年は紅組の司会を広瀬すず、白組司会を嵐・櫻井翔が務め、総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良、NHKの桑子真帆アナウンサーが担当する。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合、BS4K、BS8K、NHKラジオ第一にて放送。(※中断ニュースあり)。これまでの対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝、白37勝となっている。


関連記事