乃木坂46・岩本蓮加も参加 紅白出場歌手顔合わせ <紅白リハ2日目>

「第69回NHK紅白歌合戦」に出場するアーティストの顔合わせとオープニングのリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。


白組司会の嵐・櫻井翔、紅組司会の広瀬すず、総合司会の内村光良、NHKの桑子真帆アナウンサーが出場歌手の前に立ち、「よろしくお願いします」と頭を下げた。
総合演出を担うスタッフは「平成最後の大みそかを過ごすお茶の間のみなさんが、新しい時代新しい年を少しでも前向きに気持ちになれるように作っていきたい。みなさまのお力をお貸しいただければ幸いです」と呼びかけた。

オープニングリハーサルでは、紅組15番目と登場時間が午後9時を過ぎるためパフォーマンスができない乃木坂46最年少、14歳の岩本蓮加も参加。番組開始は19時台のため、オープニングだけ出演するものとみられる。リハーサルでは白石麻衣と齋藤飛鳥の間に挟まれ、最前列に並んでいた。
乃木坂46は岩本を除く1期生から3期生までの36人で「帰り道は遠回りしたくなる」を歌唱する。

「NHK紅白歌合戦」は2016年から2019年の4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、様々な世代の夢を「歌の力」で応援していく。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合、BS4K、BS8K、NHKラジオ第一にて放送。(※中断ニュースあり)。これまでの対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝、白37勝となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!