三代目JSBから五木ひろしまで 番組前半出演者が最終リハーサル <紅白リハ3日目>

紅白歌合戦のリハーサルを行ったHey! Say! JUMP

31日、東京・渋谷のNHKホールで『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが3日目を迎え、番組前半に登場する歌手が念入りに最終チェックを行った。ここではリハーサルの様子を伝える写真とともに、番組前半の演出の見どころを紹介する。


今年の出場歌手がステージ上に勢揃いするオープニングから、トップバッターを飾る三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」で前半戦がスタート。曲振りでは白組司会の櫻井翔、紅組司会の広瀬すず、総合司会の内村光良と桑子真帆アナウンサーの4人が同曲を象徴するダンス、“ランニングマン”のポーズを決める。

オープニング
オープニング

郷ひろみはNHKホールのロビーに登場し、サッカー日本代表のものまね芸人「ものまねJAPAN」らを引き連れ、ゲスト審査員席の前を通ってステージへ。
昨年に続き2回目の紅白出場となるLittle Glee Monsterは、200人をバックに従えての「世界はあなたに笑いかけている」で、若々しく力強いハーモニーを響かせる。

Little Glee Monster
Little Glee Monster

山内惠介は話題の2.5次元ミュージカル「刀剣乱舞」から生まれた刀剣男士とのコラボステージを展開。パフォーマンス前の司会者と刀剣男士のやり取りにも注目だ。
Hey! Say! JUMPは、日本一の男子チアリーディングチーム・早稲田大学「SHOCKERS」とコラボ。知念侑李は大技の大ジャンプに挑む。

天童よしみのステージには武田真治らが参加
天童よしみのステージには武田真治らが参加

「ソーラン祭り節2018~どさんこver.~」を歌う天童よしみのステージでは、北海道北見市に拠点を置き、今年平昌五輪で銅メダルを獲得した女子カーリングチーム・ロコソラーレの選手たちと、同じく北海道出身の武田真治が「筋肉とサックスで盛り上げたい」と、「みんなで筋肉体操」の小林航太、村雨辰剛とともに参加する。
初出場となる、あいみょんの歌唱前には、メンバーにもファンが多いという乃木坂46から白石麻衣、生田絵梨花、松村沙友理が、紅組司会の広瀬すずとともにエールを送る。

初出場のあいみょん
初出場のあいみょん

紅組13番手の水森かおりと、白組14番手のSexy Zoneは“イリュージョン対決”。水森は「水に咲く花・支笏湖へ~イリュージョンスペシャル~」を歌唱しながら、世界的イリュージョニストのメイガスとコラボ。続くSexy Zoneは「カラクリだらけのテンダネス~2018紅白ver.~」と題し、文字通りカラクリ仕掛けのステージを披露する。

企画コーナーで刀剣男士の迫力あるステージとAqoursのキュートなパフォーマンスをはさみ、YOSHIKI feat. HYDE、YOSHIKI feat. サラ・ブライトマンと続く。島津亜矢の「時代」では平成を振り返る映像とともに歌唱され、五木ひろし「VIVA・LA・VIDA!〜生きてるっていいね!〜」では、今年「U.S.A.」が大ヒットしたDA PUMPをはじめ、AKB48、TWICE、Aqoursのメンバーが駆けつけて、番組前半最後のステージを盛り上げる。

「第69回NHK紅白歌合戦」は、12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合、BS4K、BS8K、NHKラジオ第一にて放送。(※中断ニュースあり)。これまでの対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝、白37勝となっている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!