2019年、活躍を期待したい8人の若手女優&女性アイドル

2019年期待の若手女優&アイドル
2015年の広瀬すず、2016年の小松菜奈、2017年の浜辺美波と永野芽郁、そして2018年の今田美桜と、毎年新たな才能が花開くエンタメ業界。
ここでは、彼女たちの後に続いて活躍が予想される若手女優と、高いポテンシャルを秘めた注目の女性アイドルを4人ずつ紹介する。2019年のエンタメに触れる際の参考にしてほしい。


女優


白石聖

白石聖
白石聖
2016年6月、ドラマ『AKBラブナイト 恋工場』(テレビ朝日)で女優デビュー。
2018年はドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ)や映画『栞』などに出演。
同年10月期に放送された、『HiGH&LOW』シリーズのTeam HI-AXが手がける連続ドラマ『PRINCE OF LEGEND』のヒロイン・成瀬果音役で存在感を放ち、一躍注目の的に。11月に公開された「LINE Xmas 2018」のWEB動画も話題になった。

現在、オーディションで700人の中からヒロイン・葦月伊織役を勝ち取ったドラマ『I”s』がBSスカパー!にて放送中。
2019年は3月に『PRINCE OF LEGEND 』の劇場版が公開される。

南沙良

南沙良
南沙良
2017年、三島有紀子監督の映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューして以降、その演技力の高さに各方面から賞賛が集まる期待の新星。
2018年は初主演作となった映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で第43回報知映画賞・新人賞を受賞した。
ファッション誌「nicola」の専属モデルとしても活躍中。

2019年は1月4日放送の第30回フジテレビヤングシナリオ大賞・大賞受賞作『ココア』でテレビドラマ初出演にして初主演を果たすほか、山戸結希監督が企画・プロデュースするオムニバス映画『21世紀の女の子』(『愛はどこにも消えない』に出演)や、映画『居眠り磐音』が待機中。

清原果耶

清原果耶
清原果耶
2014年、「アミューズオーディションフェス2014」でグランプリを受賞し、芸能界入り。翌2015年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビュー。
2018年はNHK総合『透明なゆりかご』でのドラマ初主演、映画『ちはやふる -結び-』の公開や、「第97回全国高校サッカー選手権大会」の14代目応援マネージャー就任などが話題に。

2019年は1月に早速、『愛唄 -約束のナクヒト-』『デイアンドナイト』と、いずれもヒロインを演じた2本の映画が劇場公開され、好スタートを切る。
「Seventeen」専属モデルを務め、東京ガールズコレクションにも出演するなど、モデルとしての活躍も光る16歳。

高橋ひかる

高橋ひかる
高橋ひかる
2014年「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界入り。
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』出演や、ドラマ『パフェちっく!』(FOD・フジテレビ)で主演を務めるなど女優業の傍ら、バラエティ番組にも多数出演し、幅広いジャンルで活躍中の17歳。
過去に新垣結衣、川口春奈、広瀬すずらが務めてきた、若手女優の登竜門といわれる「第96回全国高校サッカー選手権大会」の13代目応援マネージャーを務めた経験も。

2019年1月号から女性ファッション誌「Ray」の専属モデルに決定し、同号でいきなり表紙を飾った。

アイドル


阿部菜々実(LaLuce/ラストアイドル)

阿部菜々実
阿部菜々実
アイドルオーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)のオーディションバトルを勝ち抜き、2017年12月に秋元康氏がプロデュースするラストアイドル(現・LaLuce)のセンターとしてグループのデビューを飾った。
ラストアイドルに参加する以前から現在まで、東北地方に拠点を置くアイドルグループ・パクスプエラにも所属しており、長く地道なアイドル活動で培われた実力は確かなもの。
端麗な容姿と抜群のスタイル、ライブでのキレのあるダンスや充分な声量は、16歳にしてアイドルとして限りなく完成形に近いと評される。

LaLuceはデビューから約1年が経ち、ライブパフォーマンスが飛躍的に向上。2019年、1度は生でライブを見ておきたいグループの1つだ。
LaLuceのほか4ユニットと2期生、2期生アンダーの総勢52人の大所帯となったラストアイドルの今後の展開にも注目したい。

花川芽衣(22/7)

花川芽衣
花川芽衣
秋元康氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組みプロデュースを手がけるデジタル声優アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)で斎藤ニコル役を担当。
清楚でおしとやかな雰囲気を持ち、乃木坂46の西野七瀬がアイドルを卒業した今、“最も守ってあげたくなるアイドル”の座に彼女を推す声も。
おっとりした佇まいから一転、ライブで見せる力強いパフォーマンスとのギャップも魅力。豊かな表現力を武器に、2019年の活躍を期待したい。

22/7は2018年に冠番組『22/7計算中』(TOKYO MX)がスタート。花川が演じる斎藤ニコルを含むキャラクターたちが続々とVtuberデビューするなど活躍の場を広げている。2019年1月からは月1回の定期公演がスタートする。

長南舞(なんキニ!)

長南舞
長南舞
2017年に某アイドルグループの結成メンバー最終オーディション合格者として記者発表の場に立ち、そのルックスレベルの高さでエース候補と注目を集めていたが、諸事情により正式メンバーとしての契約には至らず、その後2018年6月に現在所属するアイドルグループ・なんキニ!に加入。愛らしい笑顔がトレードマークの21歳。

なんキニ!は2018年に初出演した「TOKYO IDOL FESTIVAL」のメインステージ争奪LIVEで準優勝。そのほか「アイドル横丁夏まつり!!2018」など数多くのイベント出演をこなし、2017年結成と新興のグループながらメキメキと頭角を現している。
グループ名の由来の通り、2019年“なんか気になる”存在となるか。

大谷映美里(=LOVE)

大谷映美里
大谷映美里
指原莉乃が代々木アニメーション学院と組んでプロデュースするアイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)のメンバー。愛称は「みりにゃ」。=LOVE結成前はアキシブprojectのメンバーとして活動していた経歴を持つ。
グループとしての活動のほか、個人としてモデルやグラビアなど多岐に渡るジャンルで活躍中。グループ内で最初にInstagramアカウントを開設するなど、女子力の高さから女性ファンの取り込みにも大きく貢献している。

=LOVEは2019年2月に1stソロコンサートを開催予定。さらに現在、姉妹グループのオーディションが進行しており、グループの規模拡大とともに活躍が期待される。

※高橋ひかるの高はハシゴダカが正式
※記事初出時、内容に一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!