乃木坂46、ドラマ「ザンビ」新キャスト19人が会見 いじめっ子役の山下美月、先輩・渡辺みり愛を「罵倒させていただきました」

ドラマ「ザンビ」に出演する乃木坂46メンバー

1月23日(水)より放送スタートするドラマ『ザンビ』(日本テレビ/水曜・深夜24:59~25:29)の会見が先頃、都内で行われ、新たに18人のキャストが発表された。


会見に登壇した新解禁キャストは乃木坂46の秋元真夏、伊藤純奈、伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、中村麗乃、星野みなみ、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希、渡辺みり愛の19人。
すでに出演が発表されている主演の齋藤飛鳥と堀未央奈を含めて、乃木坂46から総勢21名の参加が明らかとなった。

本作はサスペンス要素とともに、仲間の友情、絆を描くヒューマン学園ドラマ。修学旅行中のバスの故障によって行き着いた見知らぬ村の廃屋で一夜を過ごすことになった少女たちは、その夜、不気味な音を聞く。その後、フリージア学園で日常が戻ったかのように見えた彼女たちに、次々と不思議な現象が起こりはじめる――というストーリー。

山下美月、梅澤美波、佐藤楓、吉田綾乃クリスティーの4人は、スクールカーストの上位に君臨するいじめグループという役どころ。その中でも、医者の娘で学校一のいじめっ子・金村優衣を「ザンビ」プロジェクト第1弾の舞台にも出演した山下美月が演じている。
山下は「このドラマの中では一番の悪役的なポジションをいただきまして、すごく光栄に思っております」と苦笑い。それでも、「見てくださる皆様に『この子すごい嫌な子だな』と思っていただけるように」と、振り切って演じたという。

いじめの標的となる佐倉鈴音を演じたのは2期生の渡辺みり愛。グループでは後輩にあたる4人にいじめられることに、台本をもらった当初はやはり戸惑ったという。撮影では「山下演じる優衣ちゃんに一番いじめられちゃうんですけど、撮影中もすごい苦しくなっちゃって、演技なのはわかってるんですけど、めちゃくちゃ強くて、どう反応すればいいかっていうのが大変でした」と、山下の迫真の演技に圧倒された様子。
一方、山下は山下で先輩に気を遣っていたようで、「いじめさせていただいたんですけど、タメ口で話すのも『大丈夫かな?』と思いましたし、実際、いじめさせていただいた後は謝らせていただきました」と回顧。秋元真夏から「敬語がおかしい」と突っ込まれ、メンバーからも笑いが漏れる中、「でも、みり愛さんは優しくて、『大丈夫だよ』と言ってくださったので、先輩温かいなと思いながら快く罵倒させていただきました」と、渾身のいじめっ子役を振り返った。

仲良しペアを演じたのは星野みなみと寺田蘭世。
寺田は「先輩なんですけど普段から仲良くさせてもらっているので、撮影初日から一緒に行動して、ちょっとした1シーンや仕草でもその関係性が出ればいいなという話は、空き時間にしていました」と二人三脚での役作りを振り返り、星野も「落ち着いて緊張もせず、ずっとお喋りしながら明るい雰囲気で撮影できた。そのまま実際の仲の良さが映像に映っていればいいな」と話した。
堀演じる実乃梨の生徒会の後輩・藤崎麻里奈役の鈴木絢音は、撮影中のエピソードとして「私は真剣に演技をしていたんですけど、カメラテストで堀未央奈さんを泣かせてしまいまして、それを見て笑っている齋藤飛鳥さんを見て、楽しくなりました」と印象深い思い出を明かす。鈴木が演じる役に堀が心を打たれて思わず涙したそうで、それを見て齋藤が爆笑したのだという。スタッフによると、この時の様子はおそらくメイキングに収められるであろうとのこと。

本ドラマには3期生が全員揃って出演。舞台作品への出演経験はあるものの、映像作品での芝居は「ほぼ初めて」だったという梅澤は、「普段いつも一緒にいるメンバーと初めての一歩を一緒に踏み出せることに安心感があった」と、同期の存在が心強かったよう。
秋元は「3期生が全員出演しているので乃木坂の新世代の勢いを感じていただけるのでは」と期待を込め、3期生の中で最も印象に残っているメンバーを聞かれると、「みんな一人ひとり個性がある」としたうえで、大園桃子の名前を挙げた。出身である鹿児島の訛りがまだ残る大園が標準語の台詞に苦戦していたそうで、「台詞を言う前に『このイントネーションで合ってますか?』って聞いてきて、何回も言うんですけど、だいたい合ってないんですよ。それを必死に直してる、頑張っている姿にちょっと心を打たれました」と微笑ましいエピソードを披露した。

本ドラマは、昨年11月に上演された舞台を皮切りにスタートした「ザンビ」プロジェクトの第2弾。
第1弾の舞台では乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の3坂道の舞台初共演が話題を呼び、第3弾として乃木坂 46メンバー主演のスマートフォン向けアプリゲーム「乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌~」のリリースと、第4弾として再び3坂道が共演する新作舞台「ザンビ~Theater’s end~」の上演が発表されている。
会見ではスマホゲーム「乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌~」にも、ドラマと同じキャスト21人が出演することも明らかにされた。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!