白石麻衣・齋藤飛鳥ら乃木坂46が「TGCしずおか」のランウェイを彩る

乃木坂46が「TGC しずおか 2019」に登場

乃木坂46の梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、齋藤飛鳥、白石麻衣、松村沙友理、与田祐希が12日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡北館で開催された「SDGs推進 TGC しずおか 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION」に出演した。


7人の先陣を切って登場したのは梅澤美波。「1st FASHION SHOW STAGE」のMURUAのステージに登場し、第一線で活躍するモデルに引けを取らない抜群のスタイルで堂々のランウェイ。次のROYAL PARTYのステージでは与田祐希、大園桃子、久保史緒里が3人続けて登場し、東京の最旬ファッションを届けた。

松村沙友理は、全ての女性が輝くまち静岡市をテーマに、SDGsとリアルクローズをミックスさせたスタイリングを提案する「SHIZUOKA CITY SDGs COLLECTION STAGE」に登場。
女性ならではの目線で質やデザインにこだわった静岡県「三代目板金屋」のアイテムを身に着けてクールにランウェイを歩いた。

「2nd FASHION SHOW STAGE」では、LOWRYS FARMのブランドトップに白石麻衣が登場。ひときわ大きな歓声に笑顔で応えた。HAREのブランドトップは齋藤飛鳥が務め、クールにランウェイを闊歩。
白石と齋藤は「3rd FASHION SHOW STAGE」の31 Sons de modeのステージにも出演。ブランドトップを白石が、ラストを齋藤が飾り、最後に同ブランドのショーに登場したモデルたちがステージ上で横一列に並ぶと、齋藤が隣の白石にもたれかかって肩に頭をのせるなど、仲睦まじい姿を見せた。

また、昨年乃木坂46を卒業した相楽伊織がEGOISTの20周年を記念したアニバーサリーステージに登場。今から取り入れられる春ファッションに身を包み、ランウェイを歩いた。

東京ガールズコレクションは、2009年より「地域産業活性化プロジェクト」を発足し、地方都市でもTGCを開催。静岡県内で初開催となった「TGC しずおか 2019」では、“What’s your GOAL?(あなたのゴールは何?)”をテーマに、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の推進をアピール。
新木優子、中条あやみ、白石麻衣ら人気モデルたちによるファッションショーやアーティストのライブパフォーマンスに加え、ゲストとして同県磐田市出身の女優・深川麻衣や富士市出身の若月佑美、沼津市出身の俳優・磯村勇斗らが出演した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!