「万引き家族」日本映画33年ぶりの快挙 LA映画批評家協会賞で外国語映画賞

「万引き家族」

是枝裕和監督の『万引き家族』が第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞にて外国語映画賞した。日本映画では黒澤明監督の『乱』以来、33年ぶりの外国語映画賞受賞となった。


13日(現地時間)、授賞式でトロフィーを受け取った是枝監督は「この賞を頂いたお礼を一言述べたくて、10時間飛行機に乗って、今朝この街に着きました。本当にありがとうございます。5月にカンヌの映画祭で賞を頂いた時に、審査委員長のケイト・ブランシェットさんがこの作品の事をインビジブルピープル、目に見えない人たちを目に見える形にしたというところをすごく評価していただきまして、とても嬉しかったんですね。この映画に限らず、いつも映画を作る時には、見えないもの、声にならない声をどういう風に映画にするかという事をいつも考えているのでとても嬉しかったです。映画にはある力があると思っています。それは、例えば日本と韓国とか、アメリカとメキシコとか隣り合う国と国、人とひとの間に大きな力が、壁を作りお互いがお互いを見えなくしようとする時に、その壁を取り払ってお互いを見える形にしていく、そういう力が映画にはあると思っています。なのでこの賞を友人でもあり、韓国の最も尊敬する監督でもあるイ・チャンドンさんと同じ賞を受賞できたことが本当に嬉しいですし、これからもその力を、映画の力を信じて映画を作り、また10時間でも20時間でもまた飛行機に乗って皆さんの元に訪れたいと思います。今日はありがとうございます。」とスピーチ。喝采を浴びた。

アカデミー賞前哨戦として注目を集める同賞は、ロサンゼルスを拠点に活動する映画批評家で構成された“ロサンゼルス映画批評家協会”のメンバー投票によって決定。村上春樹の短編小説「納屋を焼く」をもとにした韓国映画『バーニング 劇場版』も、『万引き家族』と並んでの外国映画賞受賞となった。

また同作は、同じく13日に発表となったカリフォルニア州パームスプリングスで開催のパームスプリングス映画祭でも、外国語映画に贈られるFIPRECI賞(国際批評家連盟賞)を受賞した。
現在までに56の海外映画賞各部門でのノミネート、30の受賞歴を重ねており、1月22日に発表される、世界最高峰の映画祭典「第91回米国アカデミー賞」外国語映画賞部門へのノミネートにも期待がかかっている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!