桜井日奈子らドラマ「僕キミ」キャストが撮影現場での野村周平の“座長”ぶりを賞賛

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」キャスト

1月19日スタートの土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系/土曜・23:15~)の取材会が9日に行われ、キャストの野村周平、桜井日奈子、宮沢氷魚、佐藤寛太、松井愛莉が出席した。


ドラマは青木琴美による同名コミックが原作。迫りくるタイムリミットに悩み苦しみ、数々の困難を切り抜けながら必死に運命に抗おうとする高校生2人の、切なくも美しいヒューマンラブストーリー。
重い心臓病で「20歳まで生きられない」と宣告されてしまった主人公・垣野内逞をテレ朝連ドラ初主演となる野村周平、そんな逞を一途に想い続ける幼なじみのヒロイン・種田繭を桜井日奈子が演じる。

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」キャスト
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」キャスト

現場の雰囲気について、佐藤が「和やかで、いつも周平くんが盛り上げてくれていて、楽しく撮影させていただいております。スタッフさんとコミュニケーションを取りながら、チームワークよく進んでいます」と報告すると、野村が「“野村と一緒に仕事をする人は、楽しんで帰ってもらいたい”というのをモットーに俳優をやらせていただいておりますので、現場では明るく楽しい現場づくりをさせていただいております。共演者の方々、スタッフの方々に不快な気持ちで帰られたくないという一心で現場を回しております」と、かしこまった口調で笑いを誘う。
続いて桜井が「野村さんは共演者もそうだし、スタッフさんとか、満遍なくみんなに話しかける。自分の身に起こった面白い話とかをみんなに共有してくださるので、同じ話を1日に5回以上聞く」と証言すると、野村が「語弊がある」と抗議。「午後から来た子たちにまた話していると、(桜井が)その場にいるっていうだけなんですよ。あたかも僕がずっと同じ話をしているみたいな言い方はやめていただきたい」と、共演シーンの多い桜井が毎回その場に居合わせているためだと説明した。

そんな野村の印象について、4人は「気遣いで、周りに目を配っている方だなと思った。元気なイメージの裏で人のことを気遣って見ているなと思います」(佐藤)、「とにかく常にハッピーな人で、周平くんの側にいると常に笑い声が聞こえる。楽しい時間を提供してくれています」(宮沢)、「現場にいると周りを楽しませてくれるし、いないと寂しい存在。空き時間に映画を見られていて、きっと中に熱いものを持ってるというか、勉強熱心な方なんだなと思った」(桜井)、「初めから気さくなイメージが大きくて、みんなを楽しませてくれる」(松井)とコメント。
概ね好評価に野村は「僕の言ってほしいことを全て言ってくれた。ただのうるさい奴ではないということを証明できて大変うれしく思います」と満足げだった。

書き初めを披露
書き初めを披露

会見で5人は2019年の抱負をしたためた書き初めを披露。
桜井が書いたのは「謙虚」の2文字。「おみくじで“謙虚でいなさい”と出た」そうで、「私たちは何かしてもらうことが多い。寒い時にジャケットをかけてもらったり、温かい飲み物を用意してもらったり、そういうことをやってもらえるからこそ、常に感謝の気持ちは持っておくべきだなと思う。現場を重ねていくとだんだんそういう気持ちも薄れていっちゃうのかなと思うので、今年は謙虚で」と心に誓う。
宮沢は「Discover Myself」、佐藤は「ほのぼの」、松井は「自由」。
最後に発表した野村は「僕は今年一番の機密情報を持ってきたんですけど……言っちゃっていいのかな」ともったいぶりつつ、「今年の年号です」と言いながら「野村」と書いた色紙を披露し、「4月1日からは野村になります。今年は野村元年」と宣言。共演陣を爆笑させた後、「まあ、そういうのは嘘なんですけど、今年も野村は野村らしく、野村を突き通していこうという意味を込めて」と説明した。

会見の最後に野村は「少し重い青春ドラマというか、残された時間をどうやって大切な人と過ごしていくか、そういうものをしっかり描いたヒューマンドラマだと思っています。ただのキュンキュンさせるだけのドラマではなく、ちゃんとしっかり心に突き刺さるようなドラマになっています」と作品をアピールした。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!