『響 -HIBIKI-』ビジュアルコメンタリーに臨んだ3人

平手友梨奈、クランクアップでの涙の理由を明かす 「響 -HIBIKI-」ビジュアルコメンタリー収録

欅坂46の平手友梨奈が映画初出演にして初主演を務めた映画『響 –HIBIKI-』のBlu-ray&DVDが3月6日(水)に発売される。


先頃、Blu-ray&DVD豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督の3人が本編を見ながら、撮影当時のエピソードや本作への想いを語った。

約3ヶ月ぶりの再会を果たした3人がテレビ前に座り、ビジュアルコメンタリーがスタート。月川監督が劇場公開されてからの周りの反応について聞くと、平手は「歌番組に出させていただいた時に、久しぶりに会う方に『響 –HIBIKI-』のことで声をかけられることが多くて、欅坂46のメンバーからも『見たよー』ってLINEがきました(笑)」とコメント。一方のアヤカは「前にやった作品から時間が経っていたので、お久しぶりといった感覚で話題に挙げてもらいました。あと、(平手と)共演したんだね、羨ましいと言われましたね(笑)。(それに対しては)『かっこよかったよ、相変わらず!』って返していました」と振り返った。

響が自転車で買い物に行くシーンでは、月川監督が「(平手は)自転車の練習をしましたね」と撮影を振り返る。平手は「ずっと自転車に乗っていなくて、乗る感覚を忘れていて(笑)。全然乗れなかった」と当時の苦労について語ると、アヤカが「ブレーキがかからなくて、スタッフさんが(平手を)追いかけていた記憶がある(笑)」と明かし、撮影中の思い出話に華を咲かせた。

クライマックスシーンで本作のクランクアップを振り返ると、月川監督が「平手さんが号泣してね。まだ響でいたいって」と語ると、平手は「泣いちゃった(笑)」と正直にコメント。しかし、すかさず「言い訳していい? まずプロデューサーが号泣したの。で、俳優周りのスタッフさんも号泣してて、びっくりしたの」と弁明する可愛らしい一面も。

本編もエンドロールに差し掛かると、平手は「(『響 -HIBIKI-』は)いい出会いをさせてもらった現場だなと思います。ずっと今までは欅坂46という世界にいたけど、その一歩外に出ることが初めてだったから、すごい勇気もいるし色々悩んだけど、やってよかったなって思える作品です」としみじみ。アヤカも「再びスタートする作品がこの『響 –HIBIKI』で良かったと思います。ストーリーもそうだし、現場もそうだし、学ぶことも思い出すこともいっぱいあって、これをきっかけにまた女優を続けたいと思えました」と本作が自身に与えた影響を語った。

ビジュアルコメンタリーの収録を終え、感想を聞かれると、平手は「『響 -HIBIKI-』が公開されてから久しぶりに本編をみたので、新鮮な 気持ちでみることができました。久しぶりに2人に会えて良かったです」と笑顔。アヤカも「楽しかったです。あっという間でした。意外と聞いていなかった話が聞けて良かったです」と収録を振り返った。
そんな2人を見て、月川監督は「家でくつろぎながら映画を見て、思い出話に浸っているといった感覚でした。当時2人(平手とアヤカ)がどんなことを考えていたのか、聞けて楽しかったです」と目を細めた。

2018年9月に劇場公開された本作は、ビッグコミックスペリオール(小学館)で連載され「マンガ大賞2017」を受賞した「響〜小説家になる方法〜」が原作。
出版不況の文学界に彗星のごとく現れた1人の天才少女・響が、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与えていくストーリー。
15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じた平手の堂々たる演技が公開時から話題を呼び、「第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」新人賞を受賞。先日、「第42回日本アカデミー賞」新人俳優賞の受賞も発表された。

(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館


関連記事