「九月の恋と出会うまで」

川口春奈「一生さんとお仕事がしたいと言い続けてきた」高橋一生に初告白

高橋一生と川口春奈がW主演を務める映画『九月の恋と出会うまで』の本編とメイキングを織り交ぜた特別映像が公開された。


原作は、松尾由美による“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた同名小説。本作が初共演となる高橋一生と川口春奈が、時を超えて届く一途な想いと切ないウソに涙する大人のラブストーリーの主人公を演じる。

公開されたのは、不思議なマンションに引っ越してきた志織(川口春奈)と小説家志望の隣人・平野(高橋)のの距離が縮まる重要なシーン。
お互いのことを気になり出している平野と志織が“未来からの声”の正体を探し出すため志織の通っていた大学に向かい、そこで美しいシャボン玉に囲まれる本編映像と、シャボン玉で無邪気に遊ぶ2人のメイキング映像、さらに2人が本作への想いを語るインタビューも収められている。

インタビューでは、恋愛映画初主演となる高橋が「人が人を想うことはファンタジックなことだと思う。そこの部分を上手くお芝居出来ればと思います」と本作への想いを語っている。川口は「一生さんと一緒にお仕事がしたいとずっと思っていた」と明かし、高橋が「今初めて聞きました」と照れながら笑う姿なども見られる。

映画『九月の恋と出会うまで』は、3月1日(金)全国公開。




関連記事