浜辺美波「憧れていた女優さんたちのように」ジュエリーベストドレッサー賞で決意新た

女優の浜辺美波が「第30回日本ジュエリーベストドレッサー賞」を受賞し、24日、東京ビッグサイトで行われた表彰式に出席した。


同賞は過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門、特別賞のそれぞれに分けて選考し、表彰するもの。

10代部門で受賞した浜辺美波
10代部門で受賞した浜辺美波
10代部門での受賞となった浜辺は、カラフルなドレスに身を包んで登壇。副賞で贈られた真珠のネックレスを着けて報道陣と来場者に披露した。
スピーチでは「小学校4年生、10歳の時にこの業界に入らせていただき、たくさんの素敵な女優さんが、素敵なジュエリーを着けてらっしゃる姿をたくさん見てきました」と、子どもの頃から周囲の大人たちが身に着けたジュエリーを羨望の眼差しで見ていたことを回顧。18歳になり、少しずつジュエリーを身に着ける機会が増えてきたことがうれしいと話し、「憧れていた女優さんたちのような、素敵なジュエリーの着け方ができるように、これからも身も心も磨いて、輝けるように精一杯頑張っていきたいなと思います」と決意を新たにしていた。

表彰式を終えると、報道陣の囲み取材に対応。
今回、副賞で多くのジュエリーをプレゼントされことについては、「母と浜辺家みんなで大切に使っていきたい」と家族で共有したいと話し、「お正月にお年玉を貰ったばかりなので、みんなに返していきたい」とにっこり。記者から「まだお年玉を貰っている?」と驚かれると、「(これからも)しばらく私は貰うつもりでいます」と話し、報道陣を笑わせた。
今年の春に高校を卒業し、進学はせずに女優業に専念する浜辺。「お仕事休みの時は、今までは高校に通っていたんですけどそれがなくなるので、余裕ができた時間にいろんな映画を見たり好きなところに行ったりとか、豊かな時間を過ごせる年になったらいいな」と2019年の抱負を語った。

「第30回日本ジュエリー ベストドレッサー賞」は、浜辺美波のほか、吉岡里帆(20代部門)、橋本マナミ(30代部門)、常盤貴子(40代部門)、紫吹淳(50代部門)、森昌子(60代部門)、舘ひろし(男性部門)、コシノジュンコ(特別賞女性部門)、加山雄三(特別賞男性部門)が受賞し、表彰式に出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!