吉岡里帆、祖母から譲り受けたジュエリーを「自信を持って着けられるような女性に」

20代部門で受賞した吉岡里帆

女優の吉岡里帆が「第30回日本ジュエリー ベストドレッサー賞」の20代部門を受賞し、24日、東京ビッグサイトで行われた表彰式に出席した。


シックな黒いドレスで登壇した吉岡は、「とても輝かしい、そしてエレガントな賞だなと感激しています」と受賞を喜び、祖母がずっと大事にしていたというダイヤのネックレスのエピソードを披露した。
「子どもの頃に、ブルーのベルベットの細い箱に入ったそのダイヤがすごくきれいで、子どもなので、触っちゃいけない、大事なものだっていう意識がとてもあって、どこか憧れのような、そういうジュエリーでした。私が二十歳になった時に、祖母がそのずっと大事にしまっていたダイヤのネックレスを私にプレゼントしてくれました。『もう大人やから、たった1つ本物を持っていたら、何か大変なことがあったとき、自分に自信がなくなったときに、背中を押してくれたり、大丈夫って思えるような、そんなお守りになると思うから』と言って私にくれました」と話し、「いつかそのダイヤのネックレスを自信を持って着けられるような、そんな女性に成長していきたいなと思っています」と、襟を正した。

表彰式後の囲み取材では、どんなシチュエーションで男性からジュエリーをもらいたいかと聞かれ、「好きな方に後ろからネックレスを着けてもらうのは素敵だなって思いました。きっとすごい幸せな瞬間なのかなと思いました」と語っていた。

同賞は過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門、特別賞のそれぞれに分けて選考し、表彰するもの。
「第30回日本ジュエリー ベストドレッサー賞」は、吉岡里帆のほか、浜辺美波(10代部門)、橋本マナミ(30代部門)、常盤貴子(40代部門)、紫吹淳(50代部門)、森昌子(60代部門)、舘ひろし(男性部門)、コシノジュンコ(特別賞女性部門)、加山雄三(特別賞男性部門)が受賞した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!