「サイバー・ミッション」初日舞台挨拶

ハンギョンも驚き 山下智久、初の悪役挑戦で体毛を剃る「少しでも気味の悪い感じを」

元SUPER JUNIORのハンギョンと山下智久が25日、都内で行われた映画『サイバー・ミッション』の初日舞台挨拶に登壇した。


本作はオタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)が、史上最悪のサイバーテロを阻止するべく奮闘する姿を描く中国映画(原題:『REBORN』)。2人のほか、台湾スターのリディアン・ヴォーン、雑誌「Ray」のモデルとして活躍していたリー・ユエンら豪華アジアスターの共演が話題を集めている。

「大学時代に少し中国語を勉強していて、いつか中国のエンターテイメントに携われたらいいなという思いはあったので、オファーを受けた時はうれしかった」という山下は、サイバーテロリストのボス・モリタケシ役で初の海外作品出演と同時に初の悪役に挑戦。役作りについて聞かれると、「悪役ということで心情を理解するのがちょっと難しかったので、体重を6キロ減量して、あと体毛を剃って、少しでも気味の悪い感じを出せないかなと、そういう見えない努力をした」と、全身の毛を剃ったことを告白。会場から驚きの声があがる中、「自分で剃ったんですよ、こうやって」と脛毛を剃る身振りをしてみせ、「本当にスベスベでしたね」と事も無げに話し、これにはハンギョンも「毛を剃ったことは私でさえ知らなかった」と目を丸くしていた。

山下の第一印象について、「口数の少ないクールでハンサムな人と思い、少し距離感を感じた」というハンギョンだが、「最初は言葉の壁があってコミュニケーションが少なかったかもしれませんが、マレーシアのクアラルンプールに撮影に行ったときに友情を築くことができました。撮影が終わってからホテルのバーでお酒を飲みながら親交を深めました」と明かす。
一緒にジムに行ったりもしたそうで、山下が「男3人で行って、ジムのトレーナーさんに『今日はみんな上を脱げ』と言われて裸でトレーニングするという、まあまあワイルドな経験をさせていただきました。すごく楽しかったです」と撮影期間中のエピソードを披露すると、会場は黄色い悲鳴に包まれていた。

本作は『ボーン・アイデンティティー』『グラディエーター』『ラストサムライ』などを手がけたアクション監督、ニコラス・パウエルがアクションシーンの演出を担当。
スタントマンを一切使わずに撮影を行い、ハンギョンはビルから飛び降りるなどして「撮影が終わってホテルに戻ったら全身アザだらけ」という経験をしたという。
山下は「僕が走って逃げるシーンで、台本にはなかったけど思いっきり転んでしまって、そのまま演技を続けたんですけど、そこが使われている」と明かし、「全治2週間くらいの怪我はお互い何回もした。命がけのアクションを体験しました。でも日本ではなかなかできないような、道路を何日間も封鎖して撮ったりとか、本当にダイナミックな撮影を経験できた」と手応えも。
英語と中国語のみ、というセリフにも苦しんだようで、「撮影のスタイルも少し違う部分があって、スケジュールが直前に変わったりする。そこでセリフを覚え直すのが大変だった」と苦労をにじませつつ、「そこに没頭している時間も貴重だったので、いい経験ができた」と、充実感とともに振り返っていた。


関連記事