「愛唄 -約束のナクヒト-」公開記念舞台挨拶

横浜流星&清原果耶&飯島寛騎、現役高校生バンドによる主題歌生歌唱に感激

横浜流星、清原果耶、飯島寛騎が26日、都内で行われた映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の公開記念舞台挨拶に登壇した。


本作は『キセキ -あの日のソビト-』(2017年)のキャスト・スタッフが再び集結し、GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化。手をつなぐことさえせず、 恋する勇気を持てないまま大人になった⻘年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていく様を描く。

舞台挨拶では、作品のタイトルにかけて、愛してやまないものを「愛〇」とフリップに書いて発表。
『仮面ライダーエグゼイド』で主人公・宝生永夢を演じた飯島は、愛の文字の横に東映のロゴマークを書き、「ふざけたわけじゃないですよ。僕のデビュー作が東映さんで、ライダーでお世話になって、今回も東映さんということで、ご縁があるなと。今後も東映さんに扱ってもらいたいですし、自分としても期待に応えていきたい」と“東映愛”を炸裂。
すると、東映制作のテレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』でデビューし、『烈車戦隊トッキュウジャー』シリーズなどに出演した横浜は、「負けないですよ。僕はもっと東映への想いは強いです。だって彼よりも前に東映にお世話になってますから」と対抗心を露わにして会場を笑わせた。
その横浜は「愛緑(GReeeeN)」と書き、「東映さんはそりゃ当たり前ですよ」と前置きしてから、「『キセキ -あの日のソビト-』に出させてもらって、初めて買ったCDもGReeeeNさんのアルバムで、今回またこうして『愛唄』という映画に出させてもらって、こんなにもGReeeeNさんを愛しているのは僕しかいない」と胸を張り、会場から拍手を贈られた。

その後、青森の現役高校生バンド・No Titleが登場し、本作の主題歌「約束 × No Title」を生歌唱。
ほのか(Vo.)と同い年の清原は「以前、ほのかさんと対談させていただいたときに、一番頭のパートを(清原が演じた)凪の気持ちに寄り添って、凪の目線で歌ってくださっているというお話を伺っていたので、それ以来、凪の目線で『約束 × No Title』を聴くようになって、今日こうやって生で演奏していただいて……いや~、うれしいです。感極まっています」と生歌に胸を打たれた様子。
主演の横浜も「自分の中でもとても大切な曲を今回生で歌ってくださって、すごく心動かされました」としみじみ。飯島は「今回の作品で音楽を勉強させていただいたんですけど、すごい引き込まれましたね。感動しました。言葉一つひとつから思いが伝わってくる。この作品の主題歌を歌ってくれてありがとうございます」と感謝を伝えた。


関連記事